ホリエモン農業を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

「かたいな・・・」

檀上に立つやいなやホリエモンは言いました。
「だから農業に人が入ってこない。」「こんな普通の講演会場じゃ何も面白くない」。そんな愚痴から講演会が始まりました。

先日、長野市で開催された、信州農業MBA特別公開講座の冒頭シーンです。堀江貴文さんが農業を語ると言うことで、聞きにいってきました。

さすがホリエモン。いきなり持論を展開します。言い方が奇抜であるため、一瞬何を言っているのか分かりません。でも僕なりに理解したホリエモン語録と、その解説をご紹介したいと思います。農業者にとっては耳が痛いけど、役に立つ内容です。

日本の農業はカッコ悪い。

講演会場を見渡して堀江さんが次に言ったことが「もっとレーザー光線を当てたり、農業者がかっこよく見える演出をしないといけない。」ということ。アメリカのナパバレーではワイナリーで働く農業者がかっこいいそうです。確かにナパのワインをみるとかっこいい印象があります。

今の日本の農業はいわゆる3K業界です。これでは人を引き付けることができません。若い人が就職したり、就農したいと言う気にならないでしょう。やはり人は、美しくて、かっこ良いことに引き付けられます。それが現実です。

農業はイノベーションから取り残された業界

その理由は規制が強いこと。農家が必要以上に守られていて、新規参入がしにくい状態にあります(最近は徐々に変化してきていますが)。それに対して和食は世界に自由に広がり認められています。それは日本の飲食業界は規制が弱いからだ、ということに最近気が付いたと仰っていました。

おいしいラーメンが売れるわけではない。おいしそうなラーメンが売れる。

次に言っていたのは、商品は情報がセットだと高く売れるということ。人間の味覚なんていいかげん!野菜の味もたいして変わらない!まじめに愚直に味のクオリティを追及すれば良いわけではない!農業者もウンチクをしっかり垂れて、美味しい理由を伝えなければならない。食べる人はその情報をセットで味わうのである、と。なるほど、これは奥が深い~。

経営理念を考えている奴はヒマ

この発言には聴衆が一瞬引きました。世間一般的に、企業は経営理念を持つべきだと言われています。それを堀江さんは一蹴したのです。でも僕が思うに、堀江さんが言いたいのは、まず行動しろということだと思います。行動しながら、失敗もしながら、その中から本当の理念が出てくるのだと思います。経営理念をじっくり考えていて行動できないくらいなら、まず行動してみる方が大事だと。

堀江さんの話し、僕にとって府に落ちる内容も多かったです。さすが荒波にもまれながら経営をしてきた人です。あなたは共感できることがありますか?

でも実は全く意味の分からない話しもありました。堀江さんは自宅を持っていないそうです。ホテルや友人の家を渡り歩いているとのこと。これからはモノを持たない時代になるので、家を持たない生活をしているらしいです。「まだ君たちには分からないだろうけどね!」とのことでした。はい、一般人の僕には良く分かりませんでした・・・

分かる人がいたら教えてくださいm(__)m

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年には新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞。
2016年より中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナーとしても活動中。

こんなことで悩んでいませんか?

想いを持ってはじめた農業、そしてチャレンジした6次産業化。でもなぜか、投資や手間の割に儲かっていない・・・。
ならば、 今すぐこの「3つのポイント」 を知ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加