こうすれば商談が楽しくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

先日、僕がコンサルをしているクライアントさんと一緒に、スーパーへ商談に行ってきました。売り込む商品は、6次化の加工品と生鮮野菜です。

僕は農産物の商談が大好きでウキウキしてしまいます(変態ですね)。自分がほれ込んだ農産物を相手に勧めることが純粋に好きです。それと同時に、商談の場では自分の今まで知らなかったことを知ることができます。これがさらに楽しいわけです。

商談に臨む前にはもちろん準備をします。実際、そのスーパー売り場に足を運んで、類似商品の調査をするところから始まります。来店客がどんな人なのかじっくり観察します。

そのスーパーさんが何に魅力を感じるのかを思い浮かべます。今回の商談で全面に押し出す商品を決めます。

そしてその商品価値を支える情報とメッセージを組み立てます。たとえば、無添加であるとか、地方の素材を使っているとかです。それから多くの人が見落としがちなのが、生産者の思いや人柄を伝えること。これも商品価値の一部なのです。

これらはすべて仮説です。本当にこの価格で、このメッセージで、そのスーパーさんがこの商品を欲しいと思うかは分かりません。実際商談をするまで分からないのです。

商談してみると、想定外のことが必ず起こります。それは相手が何に価値を感じているかです。こちらのメッセージが響かなかったり、また逆にこちらが気づいていなかった商品の魅力を指摘されることもあります。価格について、ディスカウント交渉されることもありますし、そのままの価格でOKの場合もあります。

自分が立てた仮説と、バイヤーさんのニーズとの違いを知ることが、僕は楽しくて楽しくて仕方がないのです。

商談がうまくいかなかった場合も、何が相手のニーズと異なっていたのかを、バイヤーさんに根ほり葉ほり聞きます。ここにまた発見があります。ここで得た情報は、次回に即生かすことができます。

商談の席では、同時にバイヤーさんの価値観を確認します。価値観とは、食や農業に対する思いです。たとえば、提供したサンプルをどのように味わい、どのように扱うかを見ます。長期的な関係を築ける相手かどうかを見極めるためです。

また生産者にとってわが子のような商品を、粗暴に扱うバイヤーさんとは、価値観が合わないと判断をします(そんな悪い人はめったにいませんが)。どんなに良い取引条件であっても、そのときはお断りするようにしています。

商談現場がいかに情報の宝庫か、お分かりいただけますか?
商談に臨む手順をまとめます。

1.事前調査
2.相手が欲しがるものの仮説を立てる。
3.商談に臨み、その仮説と先方が望むものの違いを知り、楽しむ!
4.先方の価値観を観察する。自分と価値観があっているか?
5.商談成立しなかった場合は、その理由を相手に確認する。
6.得た情報を持ち帰って、再度戦略を練り直す。(→場合によっては再商談)

農業者のあなたも、これで商談が怖くなくなりますよ。

-田中良介

追伸:今回の商談は、上手くいきました。Win-Winです。

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年には新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞。
2016年より中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナーとしても活動中。

無料動画セミナーを開催します。


こんど展示商談会に出て販路開拓をしてみたい。でもやり方が分からない。過去に出た展示会では惨敗だった・・・。もしそうなら、

無料動画セミナー『展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント』 を受講してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加