駆けこんできた味噌屋さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「ハセガワさん、5分でいいから時間ありますか」
突然の電話でした。市内の味噌屋さんの若旦那からです。
夕方、帰る直前の私は、その声の真剣さに「ハイ」と答えるしかありません。「すぐ行きます」といって電話は切れました。

出会いは

彼は2ヵ月前に私を訪ねて来て、初めて会いました。聞くと、私が地産地消の授業をした高校に彼も味噌醸造の授業で関わっていて、私という存在を知ったとのこと。

用件は、地元の大豆を使って味噌を作りたいが、仕入れルートを知らないので、教えてほしいという依頼です。JA支所の担当者を紹介し、その後は連絡もなくご無沙汰でした。

駆け込んできたわけは

そして、待つこと10分。彼は、息せき切って市役所に駆け込んできました。
大豆の仕入れでJAとトラブル発生か?
しかし、彼の口から発せられたのは、意外な言葉でした。

「試しに甘酒を作ったので、飲んでみてくれませんか」
試作した甘酒が広口瓶に入っています。当社は甘酒を作っていないので、まず試作してみたとのこと。紹介されたJA支所担当者から、地元産の米と大豆を少量分けてもらい、味噌は5月に味見できるといいます。

今回、まず甘酒(もちろんノンアルコール)を試作し、最初にぜひ私に味見して欲しいと、駆け込んできたといいます。

正直、嬉しかったです(心ではウルウルしていました)。
仲間の職員も呼んで試飲しましたが、あまり甘くなく、飲みやすく仕上がっています。評判は上々でした。この後、JA支所にも行って飲んでもらうとのこと。

まだ、いろいろ試行錯誤を繰り返し商品化に向けて研究したい、と開発意欲を語ってくれました。

商品づくりでのタッグ

マーケティング担当部署は、販路紹介や商談会、PRなどに関わることがほとんどかと思います。しかし、商品開発の段階で関われば、場合によっては、売り先を紹介し、その意見を取り込むことも可能です。
まさしく売れる商品作りを支援できます

市役所で、加工商品の製造加工に関わるのは他の部署ですが、マーケティング的には、部署間連携で柔軟に対応すべきと考えます。
なにしろ、味噌屋さんが駆け込んでこないことには、始まりませんから。そこには、人と人との信頼関係があってこそと思います。

タッグの決め手は

一度しか会っていない私を頼りにしてくれてありがとう!
彼の商品づくりへの熱意が、市役所とのタッグをもたらしたのですが、あえて、はやり言葉でいえば

彼の「アクション ファースト」が決め手です。

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員。中小企業診断士。

無料動画セミナーを開催します。


こんど展示商談会に出て販路開拓をしてみたい。でもやり方が分からない。過去に出た展示会では惨敗だった・・・。もしそうなら、

無料動画セミナー『展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント』 を受講してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加