おきてくれ かばくん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

販路開拓をしているあなたは、文章を書く機会が多いはずです。
FCP(商談)シート、農園紹介、パンフレット、ブログ、企画書・・・

読み手(多くの場合は買い手)に、言いたいことを伝えるのはとても大切です。あなたの商品の売れ行きに大きく影響します。どれだけ商品に魅力があっても、それが伝わらなかったら、魅力がないのと同じです。

僕も多くの文章を書きながら、悩み、どうすれば伝わるか追求してきました。
昔はなかなか伝えることができず、苦労しました。

今では、僕の文章は分かりやすいと言ってもらえるようになりました。それはある法則にしたがって、書いているからです。今日はその秘密を公開したいと思います。

まずは僕が参考にした本の紹介から。


かばくん(福音館書店、岸田衿子作)

え、絵本?? おいおい、バカにしているのか?と思われた方もいるかもしれません。でもここに、分かりやすい文章を書くエッセンスがすべて詰まっています。

どうぶつえんに あさが きた
いちばん はやおきは だーれ
いちばん ねぼすけは だーれ

おきてくれ かばくん
どうぶつえんは もう11じ
ねむいなら ねむいと いってくれ
つまらないから おきてくれ

この絵本を、うちの子供たちに何回も何回も読んであげました。(嫁は僕の10倍くらい読んでます。)

どうもこの文章は、子供たちにも理解しやすいようで、静かに聴いてくれます。一方で、ほかの絵本を読んだときは、質問攻めにあいます。「この車はなんで赤いの?どこにいくの?なんで?なんで?」となります。

子供にもすっと入っていく表現。ここに大きなヒントがあります。

分かりやすい文章を書くのポイント

「かばくん」の文章を、もう一度見返しください。あなたはそのポイントが分かりますか?では順を追って説明します。

難しい漢字や用語を使わない
できるだけ難しい漢字を使わないようにましょう。とくにビジネスの場合は、相手に伝えることが重要です。難解な文学的表現や、専門用語をできるだけ控えましょう。難しい表現を使ってしまうのは、あなたの自己満足であることが多いです。

一センテンスに一つの意味
一つの文に、一つの意味のみを持たせます。複数の意味を持たせてしまうと、読み手は混乱します。

〇 どうぶつえんに あさが きた。
× 動物園に朝がきたが、いちばん早起きが誰かを確認したところ、それはかばくんであり、・・・・

一センテンスを短く
上記とも絡んでいますが、一つの文をできるだけ短くします。「、」で文をつなげるのではなく「。」で終わらせます。

文章にテンポを持たせる
「かばくん」は、親にとっても音読しやすい絵本です。噛まずにスラッと読めます。音読しやすい文章は、黙読しやすい文章でもあります。あなたも文章を書いたら、必ず音読してみましょう。詰まってしまうところや、違和感を感じるところは、修正すべき箇所です。僕も文章を書いたときは、必ず自分で音読チェックをします。

いかがですか?

かばくんは凄い絵本でしょ~。僕の文章は、実はすべて「かばくん」スタイルで書かれています。FCP(商談)シート書き方セミナーで、この絵本を紹介したいくらいです。

-田中良介

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年には新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞。
2016年より中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナーとしても活動中。

無料動画セミナーを開催します。


こんど展示商談会に出て販路開拓をしてみたい。でもやり方が分からない。過去に出た展示会では惨敗だった・・・。もしそうなら、

無料動画セミナー『展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント』 を受講してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加