真田丸に学ぶストーリーの力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

アグリマーケティング株式会社の事務所は長野県上田市にあります。

そうです。真田丸のおひざ元です。あなたは大河ドラマ見てますか?僕も毎週欠かさず見ています。信州、上州(群馬)、越後など、僕の活動エリアの地名がでてきて、嬉しくなります。

現代社会では、高速道路も新幹線も通っているので、どこでも直ぐにいけますが、当時は馬で移動ですよね。よくまあ、真田信繁はあっちこっち動き回るなぁと感心してしまいます。

この前の木曜日、仕事の合間に上田城に行ってきました。ちょうど桜が満開でした。平日なのに、どこもかしこも駐車場がいっぱいで、少し離れたところへ停めざるをえませんでした。週末になると、信じられないくらいの人が集まってきます。いま上田がホットです。

城内の桜並木は圧巻です。屋台もいろいろ出ていました。外国の人も結構来ていました。上田城には何回か行ったことあったのですが、今回は、今まで気にしていなかったものに目がいきました。

スポンサーリンク

それは真田井戸です。

ドラマでも紹介がありましたが、この井戸からは、抜け穴があって城北の太郎山に通じていたそうです。敵に包囲されてもその抜け穴より逃げました。また兵糧を運び入れるにも、城兵の出入りにも不自由しなかったといいます。

でもあなたはここで疑問に思ったはずです。本当にその井戸は太郎山までつながっているのか?大河ドラマでは、詳細な解説がなかったので、僕もちょっと気になっていました。よって井戸の近くにいたガイドさんに質問してみました。

実際は・・・つながっていなかったそうです。なぬ!それは残念・・・伝説を調べるため、後世に調査が入ったそうです。そうしたら、つながっていなかったとのこと。

でも、ガイドさんが言うには、上田城は再建されたものなので、戦国時代当時のことはよく分からないとのことです。だから、真田の時代にはつながっていたかもしれない。しかも井戸の深さが城壁より深いところまである。だから、やはり当時はつながっていたかも、ということでした。

しっくりこない答え・・・

伝説がなければ、全く何の変哲もない井戸です。しかしストーリーを結び付けることにより、人々の印象や関心が一気に高まります。僕も思わず見に行ってしまいましたから。

これがストーリーの持つ力です。お客さんに何かを訴えたいとき、文章を読んでもらいたいとき、ストーリー性を持たせるのが、とても効果的です。

・あなたの農園の発祥のストーリー
・6次化商品開発のストーリー
・品種の誕生秘話
・農業経営で苦労をしたこと
・その土地につたわる伝説・・・

自分や先代がやってきたことで、何か語れることはないか振り返ってみましょう。何か見逃していることはないですか?僕は農業コンサルタントとして活動していますが、担当している生産者さん本人が気づいていないストーリーに、僕が先に気が付くことがあります。

これは僕がコンサルであるからとか、経験があるからではありません。本人にとっては灯台もと暗しなだけなのです。そんな時は、友人や取引先などにアドバイスをもらうのがよいです。

よくあるのが、信州の美しい風景や食文化に、生産者本人が気付いていないパターン。生まれたときからそれに慣れ親しんでいるため、それが日常になってしまっているのです。その点、僕は出身が大阪であるため、信州の素晴らしさがよ~く見えます。

あなたのストーリーには、お客さんを引きつける力があるはずです。そのメッセージをお客さんに語ってみましょう。文章にしてもよいでしょう。ストーリーがそのままマーケティングのメッセージになります。

チャンスがあれば、あなたも上田に遊びに来てくださいね。
真田丸、来週の大阪編が楽しみです!

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。Web制作やコンテンツ制作の評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年より日本食糧新聞社記者(特派員)としても活動中

アグリマーケティング 無料動画セミナー

「展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント」
※今すぐ実証済みのノウハウを手に入れてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク