「県の農産物マーケティング」って何だ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

皆さん、こんにちは!

この3月31日まで、長野県の農産物マーケティング業務に関わっていました

長谷川正之と申します。民間の立場で、行政との橋渡し役を兼ねて、少しずつコン

サルタント業務を始めていきます。よろしくお願いいたします。

皆さんは、県がどんなマーケティングをしているのか、ご存知ですか?

たぶん、知っていても一部のみだと思います。あまり理屈っぽい話ではなく、柔らかく

軽いタッチで、しばらく紹介していきます。ダジャレが出るかもしれませんが、我慢してください。本人は、駄(ダ)・ジャレではなく 御(オ)・シャレと思っていますが・・・。

スポンサーリンク

ではなぜ私が、思い切って発信する気になったのか!

それは・・・・

知っているのと、知らないとでは 雲泥の差 があるからです。

雲泥の差ってほんとかな~?

でも少しも大げさではありません!

知って利用すると「自分の商売に役立つ」のです。

特に、小さな事業者や農業者にとって、儲けるきっかけをつかめるかも知れません。

県や市町村のマーケティングは、当然、民間の企業や組織のマーケティングとは

異なるところが多くあります。

では、役立つ県のマーケティングとは具体的に何か・・・

長野県だけでなく、どの県もそんなに差はないと思いますが(たぶん・・笑)、

基本的な機能は、ずばり3つ

次回に続く・・・。

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員。中小企業診断士。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク