3つの農産物マーケティング機能の一つ目は・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

つの機能を話す前に、そもそも、マーケティングとは何かについて、一言触れる必要があると思います(信州人は、やっぱり理屈っぽい)。

私が実践してきた感覚から、チョ~( =この間、引退したレジェンドのK水泳選手を惜しんで使いたい言葉)簡潔にワンフレーズで言います。

スポンサーリンク

ずばり・・「売れる仕組みづくり」です。

この定義が私には一番すっきりきます(そうでない方は、ここはあまり気にしないで結構です、準備段階なので)。

その仕組みを作るには、何に着目すればいいのか。

今は古典になっている米国のマーケティング学者・マッカーシーが1961年に提唱した4Pです。(マッカーサーではありません!念のため)

4Pとは何か。

Product、Price、Place、 Promotionの4つの要素で、マーケティングミックスとして戦略を構築するのに使われます。

県は、この民間の個々の経済主体が行う4つの要素のうち、主に3つの要素が発揮できるよう支援します。これを県が担うマーケティングの3つの機能と呼びます(学術用語ではありません。私の整理によるものです)。

一つ目はなんでしょう?

「市場調査」です。

製品(Product)開発や生産者等にかかる支援です。

農産物マーケティングでの製品とは、生鮮品であり、新しい品種開発・育成です。品種開発には多くの時間と資金を必要とすることから、公的な県が税金で行うのが最も効果的で、各種の農産物試験場で開発を進めています。

その開発には、昨今,盛んに言われている「マーケットイン」の発想重視の立場から、初期動作として消費者のニーズやウォンツを調べる市場調査が重要です。

市場調査は、中小企業が単独では取組めないもので、本県の個別品種の認知度や、競合県品種との比較、今後どんな品目・品種が好まれるか、インタビューを含め、把握し、開発者や生産者に情報提供します。

この市場をどう把握するかは、顧客をセグメントする関係上、大変重要ですが、別にしっかり思うところを述べたいと思います。

一つだけ、あえて触れると、”差をどう捉えるか”がポイントです。調査結果で、45%と40%は大した差ではないと解釈するか、ある観点から大きな差と位置づけるかで、顧客の市場や開発方針は違ってきます。要するに「解釈」の仕方です。コンサルタントは、ここが腕の見せ所

かさねて言いましょう。

調査とは、「眺差」のことだと思います。

差を眺める、それも俯瞰的に。そして新たな解釈=仮説を設定することです。

この調査情報は、県が公表しているものが多く、あるいは、尋ねれば教えてくれるものが少なからずあります。

県のHPを頻繁に見ていて情報収集し、「商売に役立」たせましょう!

こういう、情報を取りに行く姿勢が欠かせません。

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員。中小企業診断士。

アグリマーケティング 無料動画セミナー

「展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント」
※今すぐ実証済みのノウハウを手に入れてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク