6次化事業者の課題と悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

5月13日に、新潟市で講演をしてきました。

6次化推進連絡会という会合内での講演です。タイトルは「現場から見た6次化」。

生産者向けではなく、6次産業化をサポートする側にいる方たちへの講義でした。新潟県や長野県の農政関係者、農水省、新聞社、銀行の方などが聞きにきてくれました。

講演時間30分のあと、質疑応答がさらに1時間ほど続きました。質問を受けながら、行政側にいる方たちの悩みを理解することができましたし、その真剣さも伝わってきました。

僕自身、6次化事業者として商品企画から販売、輸出まで全てやってきました。ほぼ一通りのトラブルも経験してきたので、その生々しい現場の事実と解決の方向性をお伝えしました。

このブログで講演会の内容を全て書き綴ることはできませんが、重要なポイントをお伝えしたいと思います。農業者のあなたにも参考になる内容です。

無料動画セミナーを開催!

「展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント」
※今すぐ実証済みのノウハウを手に入れてください。

何から手をつけてよいか分からない病

6次化に取り組んでいる/取り組もうと考えているあなたは、多くの悩みを抱えているはずです。それは真っ暗闇を手さぐりで進むような感覚だと思います。1次の栽培に加えて、今まで経験のない2次の加工、3次の販売にも取り組まなければなりません。

分からないことだらけですよね。

加工品のコンセプトをどうやって作ればよいか?加工方法は?
委託先は?品質管理方法は?バーコード(JANコード)のつくり方は?
営業ってどうやればいいの?展示会でのバイヤーとのやり取り・・・・

もう目をそらしたくなります。実際そらしている人も多々見かけます。

2次や3次に力を入れたとしても、それに気を取られて、本来の栽培が疎かになっては本末転倒。やはり農家は地に足をつけて、生産に力を入れなければなりません。そして、その栽培作業の合間に、6次化を進めなければなりません。

分かります。あなたの気持ち。頭の中はもうぐちゃぐちゃになります。僕もかつてそうでした。

行政からは、6次化について、やるべきことを一気に提示されます。あの展示会にも出て、この商談会にも出て、FCPシートを書いて、食品品質セミナーで学んで、補助金申請して・・・・

やることが多すぎると、動けなくなります。何から手をつけてよいか分からないからです。

6次化事業者の抱える課題はいろいろありますが、「何から手をつけてよいか分からない」ことが大きな問題の一つなのです。

時間軸で優先度をつける

そんなときはやることに優先度をつけましょう。でも単なる優先度ではいけません。

6次化は長期的な取り組みです。時間軸のなかで、優先度を考えましょう。数年に渡るスパンで考えます。今、自分がどこのステージにいるかを把握して、そして今やるべきことに集中するのです。

たとえば、6次化を立ち上げたばかりの人が、輸出商談会に出るのは時期尚早です。大規模なインターネット販売サイトも不要です。まずは商品コンセプト、ターゲット顧客、最低限の品質管理の方法などを学ぶのが先決。

以下は各ステージで取り組むことのイメージです。精査はしていないので、あくまで一例ということでご理解ください。

各ステージで取り組む事

自分が一体どこのステージにいるか分からない場合は、行政に聞いてもいいし、僕に質問してくれても良いですよ。

このような内容をいずれはしっかり整理して、何らかの形であなたに提供できるようにする予定です。冊子にまとめるかもしれませんし、セミナーでお伝えする形かもしれません。

-田中良介


追伸:

にいがた6次化フェア2016が11月16日~18日に開催されます。6次化の展示商談会です。6次化の本質的な課題を解決していく場でもあります。僕も運営サポートとして関わっています。
http://foodmesse.jp/6fair/event

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年には新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞。
2016年より中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナーとしても活動中。

無料動画セミナーを開催!

「展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント」
※今すぐ実証済みのノウハウを手に入れてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加