行政が喜んで対応したNPO法人からの依頼 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

NPO法人は、いまや全国に5万件あります。行政とNPOの協働が言われる中、行政を手伝っている私が、最近喜んで対応した事例を紹介します。そこには、農産物のマーケティングや6次産業化の面から、いろいろな可能性があると思うのです。

上田地域のNPOを支援する中間支援組織のNPO法人理事長から上田市にこんな依頼がありました。

当NPOは、上田産の農産物のブランディングに対する中間支援活動を行っているが、新たに行政や金融機関にも加わってもらい、協議会をつくりたい。
具体的には、市内のNPO法人S学園の生徒達が手掛ける地元産ニンニクの栽培や販売への支援、加工品のご当地グルメ「美味だれ」(焼き鳥のたれ)のブランド化を図るため、生産から加工・販売までのコンサルティング業務を行いたい。

その資金調達として、国の補助事業を申請しているが、「市や金融機関との協議体組成」の必要性を言われ相談にきた、とのことです。
美味だれ

この相談はどこが違うのか。

まず、中間支援組織として具体的な取り組みを想定し、必要資金を国からの補助金で調達する段取りを整えていることです。
その条件である協議会設立につき、まず地元金融機関の承諾を得たうえで、市に要請に来られました。

多くの相談事例は、使える補助金を教えてほしい、申請をバックアップしてほしいという初期のものです。当然行政として相談にのりますが、今回は、まず当事者として情報を収集し国や金融機関にあたったうえで、行政としての支援は何が可能か問うてきたことです。そうすると、ストレートに話が進みます。

行政として支援できることは・・・

行政の支援として考えられることを即答しました・・・
①ニンニクの栽培指導

県の改良普及センター職員につなげ、対応する。
②ニンニクの成分分析
ブランディングには違いを作ることが重要ですが、外国産、国内主要産地の生産物との比較
分析を行うため、県の研究機関につなげ、対応する。
③販売支援
市のマーケティング専門者等がバックアップする(不肖、私が担当します)。
④ブランド化支援
市の関係部局が、飲食店他の関係団体等を巻き込んで展開する。

他にもありますが、このファーストコンタクト時の動作で、ことがスムーズに運びました。

この事例から学ぶこと

NPOがNPOを支えるという仕組み作りが有効。
特に、6次産業化では、生産者、加工事業者、流通・販売事業者という関係者がどうつながって地域内資源を付加価値を高めて循環させるか、がポイントとなります。

それらのつながる関係者は、株式会社だけではなく、地域のNPOやボランティア団体も含まれます。多くのNPO法人は、志は高いのですが、人的・資金的側面は脆弱なのが現状です。
特に最近、引きこもりがちな生徒たちへの農業体験支援(彼らは非常に丁寧に農作業をするとのこと)や、障害を持つ方々の農業への関わりが注目されています。

行政や金融機関は、このようなNPOを支援する中間支援組織と協働し、力を発揮できると思います。中間支援NPOが地域内のNPOに対して、資金面他の相談にのる機会を増やすことが、地域社会の問題解決に有効と思います。

ここで、だいぶ昔のことですが、私は似たような経験を思い出しました。
1995年の阪神淡路大震災時、私は復興支援のため地元で支援寄席を開催し、その義捐金を神戸の被災地で活動している地元大学生グループに託し、その成果を次年度の寄席の場で報告してもらいました。

被災地の方のビデオレターが寄席の会場で流され、さらにそこで集まった義捐金を学生に渡すという仕組みを作り、4年間続けました。責任者であった私は、最後の年は代表して家族で神戸に行き、復興宣言した皆さんに手渡すことができました。

ここで考えることは、自分たちの義捐金が直接リアルに被災者に役立っているという「手応え」です。

行政が「手応え」を感ずるとき。

新たに生まれたこの「信州上田産ブランディング協議会」は、地元の新聞にも取り上げられました。普段は感じ難い「生徒や障害を持つ者の農作業を通じた学びや喜び」「加工に加わる地元事業者の熱い思い」「地元産を愛し思いを込める料理人」他、いろいろな地域の皆さんとつながり、プロデュース役を果たすことが期待されます。
各行政は、このような仕組み作りを行い、「手応え」を感じ取っていきたいですね!

ちなみに、この中間支援組織のNPO理事長は、30歳代の爽やかな女性です。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加