農家のインターネット活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
もも

ウェブ活用の残念なお知らせです。

数年前に、農業法人のオンラインショップを自分で構築しました。今の時代、農家もやはりインターネットでしょ!と思って、ブドウや6次化商品を販売してみました。素人でも結構かんたんに作れるサイトがあって、それだとクレジットカードにも対応しています。

これでバカバカ売るで~、と思って意気込んでいました。作ったショップを、Facebookで知り合いにお知らせすると、まずはその人たちが買ってくれました。よしよし。

それが一巡したら、パタリと誰も買わなくなりました。商品写真を変えてみたり、商品説明を工夫してみたり、キャッチコピーの趣向を凝らしてみたりしました。しかし全く反応がありません。

「これ、壊れているんと違うかな?」「なにか設定を間違っているのでは?」

と、いろいろ調べてみましたが、不具合らしきものは見つかりませんでした。日々のアクセス数も、ほとんどありませんでした。こ、これはいったい、、、

スポンサーリンク

ネットという大海原に登場した自慢のオンラインショップは・・・

誰にも気づいてもらえませんでした。世の中には何億というサイトが存在します。そこにある日ぴょこんと登場した、しょぼーいオンラインショップには誰も見向きもしません。

これがウェブの残念な現実です。

決して農業者だけではないと思うのですが、ネットで一儲けしようと考えている人は多くいます。大手なら対応できるかもしれませんが、中小規模な農業者は、その幻想を捨てたほうが良いです。はっきり言って儲かりまへん!

本気で儲けるには何が必要か?

まずインターネットマーケティングの知識が必要になります。あなたのネットショップをどうやって世間に知ってもらい、購入につなげるかです。自社ホームページやSNSとの連携も必要になります。商品のネット上の価格設定もいろいろテストをしてみる必要があります。

今の時代、特にネットの技術革新はとても速いです。それに付いていかなければなりません。あなたにそれだけの知識と気合があればよいのですが、農業者がチョロっっと手をだして儲けられるほど甘い世界ではありません。その分野で格闘しているプロがいるからです。

次に必要なのはお金です。ネットで本気で売るには、ネット広告を出さなければなりません。GoogleやYahooでキーワード検索したときに、上部に出てくる広告欄がありますよね。あそこに表示させます。

これは非常に高額です。数年前なら安かったのですが、今はどんどん高騰しています。月に最低10万円は必要でしょう。理想は50~100万円くらいです。上限はありません。そしてこれも細かーい知識ノウハウがいります。外注業者に頼むことになると思いますが、その手数料も上乗せされます。

実は、僕も個人的に、ネット広告をやってみたことがあります。一瞬で10万円が飛びました。しかも実利にはつながりませんでした。アイタタタ・・・。(経験は積めましたが。)

大手はネット広告に何百万と出してきます。これに中小規模な農家が対抗できるはずもありません。

でも自社のオンラインショップをもったほうが良い理由

にもかかわらず、僕は色んな農業者に、オンライン(ネット)ショップを持つことを勧めています。なんでやねん!って突っ込みを入れてください。

オンラインショップで、いきなり高額商品は売れません。だからまずは低価格な商品を販売します。ますます利益が上がらへんやないかー!って再度突っ込みを入れてください(笑)

どういうことか説明しますね。

あくまでオンラインショップを、お客さんが入ってくる入り口として位置づけます。マルシェや展示商談会であなたの農園や商品をPRしたとしましょう。お客さんがあとから購入したくなったときの、注文手段です。ショップでクレジットカード対応していると、そこから注文をくれる人が結構います。ただし繰り返しになりますが、高額商品は売れません。最初は安いお試し商品からです。

僕がやっていたのは、取り込んだお客さんを、ひたすら顧客リストへ積み上げること。この顧客リストがあとから大きな意味を持ちます。

農家が利益を上げるのはやはり”オフ”ライン

オフラインとは、インターネットではない、アナログ手法のことです。電話、Fax、紙の注文用紙などです。

僕は、取り込んだお客さんへ紙ベースのダイレクトメールを出すことに力を入れていました。ここでは5000円~1万円程度の、農作物や加工品としては高価格帯の商品を売ります。

お客さんは、オンラインショップから一度購入してくれているので、うちの農園のことやサービスレベルをある程度知っています。その安心感や信頼関係があると、高額商品の購入につながりやすくなります。経験上、それはさほど難しいことではありません。

これはマーケティング本にも良く書かれていることなのですが、2ステップマーケティングという考え方です。

1ステップ目

最初はお客さんが買いやすい低価格商品を、簡単に購入できるメディア(ここではオンラインショップ)を通して販売。ここでお客さんに自社のことを知ってもらい、信頼関係を構築する。そして顧客リストへ登録。

2ステップ目

顧客リスト中の特定カテゴリーのお客さんへダイレクトメールを送り、プレミアムな高額商品を提案する。お中元、お歳暮、新商品の紹介など、さまざまなタイミングで。

◆◇

今日の内容は、ちょっと難しかったかもしれません。難しすぎたらゴメンナサイ!
でも小規模農家が儲けていく現実的な仕組みとして、どうしても必須の内容なので書きました。

これは幻想ではなく、現実的手法です。

-田中良介

PS 弊社セミナーやコンサルティングでは、ご要望に応じて、このあたりを詳しく説明しています。お問い合わせください。

PPS あなたのネット活用方法や悩みをぜひ教えてください。

https://agri-marketing.jp/contact/

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。Web制作やコンテンツ制作の評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年より日本食糧新聞社 特派員としても活動中
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク