農業アドバイザーとの闘い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
農業アドバイザー

6次産業化プランナー、農業関連アドバイザー、6次化サポートセンター、地域登録専門家・・・、農業者は行政からタダ( or 低価格)でアドバイスをもらえる仕組みがあります。

様々な分野のアドバイザーが地域に登録されており、依頼すれば彼らを派遣してもらえます。特に依頼しなくても、お節介アドバイスもどんどんもらえます。

とても良い仕組みなのですが、、、実は弊害もあります。

先日、青森で農業者向けにセミナーをしてきました。タイトルは、「6次産業化の実践につながる初動の取り組みと成功に向けたプロセス」でした。セミナーの次の日は、青森の生産者さんを何件か訪問させていただきました。

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%a2%a8%e6%99%af%ef%bc%91

そこで生産者さんから、とても面白い質問がでました。僕も、もともと一生産者だったので、この質問に隠された気持ちが、非常によく分かります。その質問とは・・・

「アドバイザーとの闘いに、どうやって勝てばいいですか?」

さあ、どういう意味だか分かりますか?農家であるあなたは、何となく分かるんではないですか?

スポンサーリンク

何が正しいか分からないという悩み

農家に対して、多くの人が、様々なアドバイスをします。

・これは味が薄すぎる、濃すぎる、酸っぱすぎる・・・
・デザインが良くない。最近のデザインとは・・・
・内容量が多すぎる。トレンドは小パックなので・・・

自分が丹精込めて開発した6次化の加工品を、一瞬で否定されることすらあります。こんなものを市場に投入しても売れない、と。何を根拠にそのようなことを言っているのか分からないのですが、自信満々なアドバイスなのです。農家は反論すらできません・・・。

そして農家は困惑します。なぜなら、みんなアドバイスが違うからです。何が正しいのか分かりません。あるアドバイザーの言うことを聞いてパッケージデザインを変えたら、異なるアドバイザーにダメ出しをされます。

どうすれば良いのでしょうか?何が正しいのでしょうか?答えはどこにあるのでしょうか?

あなたにお金を払ってくれる人はだれか?

お金を払ってくれる人とは、すなわちお客さんです。あなたの商品を購入してくれる人です。ここに答えがあります。

あなたの商品を、まったく買う気がない人の意見というものは、聞けば聞くほど振り回されます。

あなたがすべきは、お客さんの意見に耳を傾けることです。「味が薄すぎやしないですか?」「パッケージデザインの改善点はありますか?」「何を改善すればもっと購入したくなりますか?

この考え方でいうと、社員や家族や社長や部下の意見も、聞く必要がありません。彼らはお客さんではないからです。聞くふりくらいは、したほうが良いかもしれませんが(笑)

極論を言うと・・・

あなた自身の意見も無視してください。あなたもお客さんではありません。現実的には自分の意見は少なからず反映されます。しかしお客さんに意見を求める姿勢を貫いてください。

この姿勢が、農業アドバイザーとの闘いに勝つ方法です。
圧勝を願っています!!

-田中良介

P.S. デーリー東北掲載記事(2016年10月28日)。あなたの街へも伺います!ご相談ください。

%e5%8d%81%e5%92%8c%e7%94%b0%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%96%b0%e8%81%9e%e6%8e%b2%e8%bc%89

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。Web制作やコンテンツ制作の評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年より日本食糧新聞社 特派員としても活動中
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク