生産者が事例発表をする意味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

新潟へ向かう新幹線にて・・・

フードメッセinにいがたへ行ってきます!
今日から3日間の日程です。

会場で、6次化大賞オーディションという、農業者のプレゼン大会があります。昨年は僕も一事業者としてこの大会に出場しました。(今回は、審査員という立場で参加させていただけることになりました。)

このように人前でプレゼンするのは緊張しますよね。出場される皆さんは、今この瞬間さぞかし緊張されていることと思います。僕も去年、カッチンコッチンになってましたから(笑)

スポンサーリンク

自分のやってきたことを深く振り返るキッカケに

今思うのは、プレゼンをして自分のやっていることを人に伝えるのは、とても意味があったということです。賞が取れるとか取れないは関係ありません。

プレゼン資料を作っているときが、一番意味がありました。いやでも自分のやってきたことを振り返る必要があるからです。

自分はどんな6次化の取り組みをやってきたのだろうか?どんな工夫をしてきたのだろうか?売り上げは伸びてきたが、利益に繋がっていない・・・、安売りしてしまっている、、、、お客さんは本当に喜んでくれているのだろうか?課題山積だ・・・、などなど。

そういうことが頭の中を、グルグルグルグル駆け巡ります。その過程で、今後の方針が見えてくることもあります。

実際、去年の僕はこんな感じでした。

人に伝えるためには、情報整理が必要

振り返るだけではいけません。

プレゼンして人に伝えるためには、更に突っ込んで自分のことを理解しなければなりません。自分で理解していないことを、人に伝えることはできないからです。

分かりやすく伝える努力も必要です。徒然なるままに、プレゼンしても、相手は???となりますから。情報を整理して、順序立ててストーリーを組み立てなければなりません。

この作業がまた骨が折れます。

これら一連の作業は、あなたがバイヤーさんに商品プレゼンするときも同じです。だからこのプレゼン大会に真剣に取り組んだ農業者さんは、必然的に営業スキルが向上します。

何もプレゼン大会である必要はありません。商工会議所から、新規就農者向けに事例発表してほしい、と依頼がくることもあります。そういう機会があれば、農業者のあなたもぜひ積極的に発表してみてください。

緊張するし、資料作りは大変ですが、それ以上のメリットがあります。

最終評価はお客さんだということを忘れないように

ただし勘違いしてはいけないのは、プレゼン大会での評価は、通過地点だということです。聞きに来てくれた人に、どれだけ「素晴らしい!」と言ってもらえても、そんなの関係ありません。

あなたは、わが子のように愛しい商品を世の中に提供して、お客さんに喜んでもらうために事業を営んでいるのです。それを通して利益を確保し、あなた自身もやりがいを感じていくことができます。これが本来の目的です。

だから最終評価はお客さんが下す、ということを忘れないでください。

6次化オーディションに出場される事業者さん、頑張ってください!

-田中良介

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年には新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞。
2016年より中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナーとしても活動中。

アグリマーケティング 無料動画セミナー

「展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント」
※今すぐ実証済みのノウハウを手に入れてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク