農業者こそ、歴史を紡ごう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先日、長谷川正之さんと飲んでいたときに、「君の名は。」の話題がでました。

長谷川さんは、かなりこの映画にハマっているよう。「あの湖は長野県の諏訪湖がモチーフになっている!」と熱く語っていました。

<参考>映画「君の名は。」を見て地域創生を考える①
https://agri-marketing.jp/2016/10/26/post-2996/

還暦を過ぎたこのおじさんを、これだけ熱くする映画とは??
というわけで、遅ればせながら次の日、アポとアポの合間に見てきました。

感想は・・・、衝撃的。単純な恋愛映画かと思っていたら、なんとも壮大なストーリーでした。考えさせられるセリフやシーンがたくさんありました。

見てない方、すみません。ここから先、具体的イメージが沸かないと思います。でも将来見たときに、こんな観点で見たら面白いという「予告編」と思って読んでください。

スポンサーリンク

わずかな記憶だけでは、前に進めない

過去に起こったある大事件の謎を解き明かすため、東京に住む瀧(タキ)が、岐阜県の糸守町を訪れるシーンがあります。わずかな記憶を頼りに旅にでます。しかしすぐに壁にぶち当たります。

なかなか目的地にたどり着かないのです。過去に何が起こったのかも分かりません。

だから彼は、徹底的な情報収集を始めます。

現場に足を運び、近隣の住人に聞いて回り、図書館で文献を調べたり、過去の新聞をすべて読んだり・・・

自分の記憶と、その集めた情報を使って、過去の大事件のことを解明し、そして糸守町の住民を救っていくのです。

徹底した情報収集がもたらすもの

もし瀧が、自分で足で情報を取りに行っていなかったら、この大きな事件は解決しなかったでしょう。解決しなかったとしても、一見彼には何の影響もありません。東京で平凡な暮らしをしていたと思います。表面的には、、、

農業の現場も、まったく同じです。抱える課題を解決するためには、徹底的な情報収集が必須です。人に会いに行ったり、文献を調べたり・・・。少なくとも今の時代インターネットを使えば、多くの情報が取れます。

自分の作物のこと、商品のこと、農園のこと、地域のこと・・・

自分の作物はどこの国の原産か?日本で一番最初に栽培した人はだれか?その時どんな苦労があったのか?

あなたの6次化加工品の競合はどこにいるか?競合はどんな取り組みをしているか?

あなたの地域の歴史は?どうやって農業が発展してきたのか?

調べることはたくさんあります。

また意外と自分の農園のことをよく知らない農業者がいます。代々引き継がれている農家である場合、過去の記憶があいまいになっているのです。それを遡ることにも、大きな意味があります。

歴史の中に、あなたのビジネスを発展させるヒントがある

情報を集めれば集めるほど、そこには農業を発展させるヒントがあります。確かに、なんでもかんでも調べている時間はありません。そこでお勧めするのが、歴史を調べることです。

あなたの農園の先代の歴史、作物の歴史、地域の歴史・・・

徹底的に調べていくと、必ずあなたは重要なキーワードに巡り合います。そしてそのキーワードは、あなたの商品を飛躍的に売るためのヒントであることが多いです。キャッチコピーとして、そのまま使える、強力な訴求ワードです。

歴史があなたの今を発展させてくれます。

次回、僕自身が巨峰の歴史をたどった時のことを、ご紹介します。

-田中良介

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。Web制作やコンテンツ制作の評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年より日本食糧新聞社 特派員としても活動中
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク