アベセデス・マトリクス②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ABCDS(アベセデス)・マトリクスの続きです。前回は、酒を使って農業―工業軸ローカル(弱い情報発信力)―グローバル(強い情報発信力)軸からなる4つのカテゴリーについて説明しました。
今回は食に広げ、4つのカテゴリーを使って、何を言えるか試みたいと思います。

前回は、酒という農業での作り手の立場(A=ヤシ酒)から工業化(B=日本酒)し、更に情報発信力を強めて世界に発信する(C=ビール)道筋と、希少性と高品質を活かし更に個性化する(D=ドメーヌ・ワイン)という存在を示しました。

生産者の立場からの説明

今回は、まず農産物の生産者の立場から述べてみると、どうなるでしょうか・・・。

定年退職して家庭菜園を楽しみ、自分で作ったキュウリやトマトを美味しくいただく。つまりは作り手がイコール食べ手であるという範囲はAです。

次に、広大な面積の畑を所有して、春から秋にかけて何回も同じ畑でキャベツやレタスを作り、全国の相場をコンピュータで確認しながら出荷する高原野菜農家はBといえるでしょう。

さらにスケールの大きい、輸出に関わる国際的な穀物農場や種苗を世界市場で独占する会社はCと思います。では、Dはどういう生産者でしょうか。それは・・・

情報化の時代、ある作物を作るのに適する気候や地形・地質を持つ土地を選んで作る人が出てきます。

従来のやり方にこだわらず、アプローチする人達です。ワインを例に取ればわかり易いでしょう。土地に縛られていた生産者が、土地を選択して土壌改良も施し、作りたいものにアプローチし、その品質を情報発信し評価される存在です。これからですが、私の周りにはその萌芽となる人たちがいます。

%e3%83%9e%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%95

食べる立場からの説明

次に、食べる立場からマトリクスを見てみましょう。

私たちは、Aの時代、手に入るカツカツの食料でやり過ごしてきました。私の場合はつい最近といってもいいくらいです(ホントです・・・トホホ)。やがて、自分の家で作る料理のほか、工場で製造された食品も食卓に上るようになります。

食物の選択の自由が与えられるBの時代です。色々な料理が登場しバラエティに富んできます。

このBがさらに進んで、世界中から様々な食品が輸入され、何を食べたらよいか悩むほど食物があふれ、グルメという言葉が日常化するCの時代が到来します。食事はアウトソーシングされ、外食・中食が大きな存在となり、飽食の時代、そして肥満問題も深刻化してきます。

ここで、B、Cにおける「S化」とはどういうものでしょうか。不規則化した食の中で、希釈化するとはどういうことをさすのでしょうか。
それは・・・
手軽に食べれる「スナック化」のS化ではないでしょうか。大量に食べられ、栄養は限定的というポジションです。

では、Dの時代とはどういうものでしょうか・・・。

Aの食からB、Cを経由する道筋で説明してみましょう。その土地でとれた食べ物を当たり前に食べているのがAとすると、BやCの段階でステーキやフォアグラにはもう飽きた健康を重視しダイエットにも役立つ限定生産された有機無農薬野菜や玄米食等の情報を収集して食べる人たちが現れます。Dの時代といえます。

単に美食に飽きたからではなく、健康に良いという情報があるから目刺しや発酵食の漬物を食するのです(ここでは、「強い情報力」がポイントであり、グローバル化にはこだわらない柔軟さが求められます・・・笑)。

体が欲するより先に頭で食べるDの人は、健康情報ではじめて安心して食べることができる人です。ここで、お気づきでしょう。情報化の時代は、A→B→C→Dの経路をたどらなくてもよいのです。

A→Dへダイレクトに移行できる可能性があるのです。しかし、容易ではありません。とことん考え抜く覚悟が求められます。

%e3%83%9e%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%96

一方、Dの時代は、こんな料理も存在するはずです。一流シェフがその地で採れたものだけを使って、最高級の料理を提供するのです。それも世界に通用する料理・・・。実際に、私はその料理を食しました。

何を隠そう(笑)、フランス料理界で最も権威のあるコンクール「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」フランス本選で日本人として初めて銅メダルを獲得したブレストンコートの浜田統之シェフの料理は、長野県内の魚や食材だけで料理をし、全国や世界から美食家が食べに訪れます。私も食べましたが、何とも言えない幸福感に満たされました。

時代は、Dを指向しているように見えますが、A、B、Cも並行して残るでしょう。選択の自由は確保されています。

このマトリクスは、地域創生に向けた情報発信にも役立ちます。その地は、他とどんな違いがあり、何を誰宛に発信するのか、考えてみる価値はあります。何を違いとして発信するのか、問い続けることが重要です

考案者の一人の玉村豊男さんは、「あまり厳格にABCDSマトリクスの適用を考えず、未来を考えるヒントが得られればという柔軟な姿勢が大切」と言っています。いろいろな取組みを試みてみませんか。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加