「ソクラテス的」アドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

県内のA村直売所へのアドバイスを求められ、役場職員と直売所店長を訪ねました。そこで、直売所の「食事」を盛り上げることで意見が一致。そこで店長が言いました・・・

店長の依頼内容

これから、「すいとん(水団)」を村の食として売り出すんで、毎週直売所に来てアドバイスしてほしい。
「すいとん」とは、小麦粉の生地を手でちぎって丸め、匙(さじ)ですくうなどの方法で小さい塊にして、汁で煮た料理です。今は仕事を抱えているので毎週は無理と返事し、どう対応するか検討するとして別れました。
その後、役場職員と話した内容は次の通りです。

私の対案

私が片手間で月2~3回来て、村の食堂で「すいとん」をはじめ料理メニュー作りのアドバイスをしても、成果は出ないと思うこと。それよりも、この村の人口は2000人を切ってきたことから、急がば回れで、やることが有るのではないか。

続けて私が出した対案は・・・ 
3つの能力のある若い人を3~4人集めてほしい。持っている能力は

危機感を持っていること
尖がっていること
行動力があること

この皆さんと徹底議論をして、村の食を何に特化しアピールするか提案し実行する、というものです(私の経験上、3つの能力のどれかを持つ人はタッグを組むと力を発揮します)。

なぜこんな対案を出したのか。この村の活性化で、片手間の「一人アドバイス」をしても対症療法で終わってしまう。それよりも、時間はかかっても、自ら考え行動する村人達を支援したい。期限は1年、月2回ほど、後はメールでの意見交換・・・。

私は、村人の中の「自ら考え行動する人達」に対してバックアップすることしかできないと考えるからです。そもそもこの村はどう在りたいのか、近隣の村とどこが違うのか、なぜ村の食が大切なのか、どこに着眼して特化するのかなどを徹底して対話・議論したいのです(本来なら村長が主導すべきと思いますが)。 外からの小手先のアドバイスはかえって弊害です。

私がこのアドバイス中心の行動を、敢えて「ソクラテス的」アドバイスと表現する理由は・・・

「ソクラテス的」アドバイス

ソクラテスは生涯書物を書かず、アテナイ市民と対話し、生きる目的や真実等を問い議論した哲学者です。私は、このブログでも書いていますが、「対話によって互いに考え突き詰めていく」ことが、今こそ重要と思っています。

特に、尖がっている人は一般に周りに受け入れられず孤立していることが多いのですが、その人ならではの鋭い感覚があります。ソクラテスは、これはという人がいれば訪ねて対話していますが、私もいろんな方達と出会い、対話しつつ学びたいのです、年齢に関係なく(「唯一の真の英知とは、自分が無知であることを知ることにある」ソクラテス)。

また、ソクラテスの言葉に賢者は複雑なことをシンプルに考える」があります。議論を重ね余分なものをカットしていくとシンプルな考えに至り、他の村人も参加してもらえる環境を作っていけると思います。

一方、今はやりの地域創生のやり方は、ポストイットを使い多くのアイデアを出して集約しまとめていくものです。しかし、本質には迫れません(このことは以前のブログ『映画「君の名は。」を見て地域創生を考える②③』で書きました)。

その意味で、出来る限り「既存の出されている活性化策等を問い、本質的な議論をしたい」という思いも「ソクラテス的」の言葉に込めています。その上で、こっそりいえば、この機会に私の「ソクラテス学習」を加速したい、というのが素直な気持ちです。

役場担当者は、副村長、そして村長の同意が得られるか話してみるとのことです。しかし、正直に言って、私の対案を受け入れてもらうのはまず無理でしょう。なぜなら・・・

村長たちは間違いなく「村に尖がった人などいないし、そんな酔狂なことに反応する人など皆無なので、すぐ成果の出る”すいとんの売上増加策”のみアドバイスしてほしい」と言うと思うからです。

そもそも私には、村の特化した食として、「まず、すいとんありき」ではそのストーリーが見えませんし、私が「関わりたいという思い」も生まれてきません。もっと足元にある価値に光を当てたいのです。その光を当てる「足元の価値」は何か、私なりにつかんでいるのですが・・・。

「ソクラテス」を欲する個人的理由

今回、浅学の身の私が、この機会にかこつけて哲人「ソクラテス」をなぜ学ぼうとしているのか、自分ではウスウス気づいています。

ソクラテスの言葉に「とにかく結婚したまえ。良妻を持てば幸福になれるし、悪妻を持てば哲学者になれる」があります。

そう、このところの私は「哲学者」の気分なのです(妻には内緒です)。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加