イベントで仕掛ける次の一手② 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

上田市内で酒米を作り、酒造会社と組んで「奏龍(なきりゅう)」という酒を造っている若手農家グループの話は、以前ブログに書きました(5月28日付「地産地消はネットワークで勝負!」)。地元の農協青年部に参加しています。

一方、ニンニクを栽培し、「美味だれ」という焼き鳥のタレを作っている認定NPO法人『侍学園 スクオーラ・今人』(通称サムガク)の話もブログに書いています(7月26日付「行政が喜んで対応したNPO法人からの依頼」)。この両者をドッキングさせ、あるイベントを仕掛けている事例を紹介します。

サムガクでの授業 

サムガクは、不登校や引きこもりになってしまった若者、社会での居場所を見失ってしまった大人たちが新しい自分を見つけるための民間教育施設です。そのカリキュラムの中で特に農業に注目しており、1月初旬に、地元農協青年部のK部長が授業をします

今までサムガクは農協とのつながりがありませんでした(私はとっても不思議だったのですが・・・)。今回、私が仲立ちし、授業をしてもらうことになったのです(K部長はJA青年の主張全国大会で優秀賞を受賞しているツワモノです)。

座学の授業の後、生徒たちと餅つきを行います。農協青年部にも手伝ってもらい、もち米を蒸かし、杵と臼でつきます。しかし、「つきたては格別美味しい」との感想をもらって終わり、というイベントでは寂しい限りです。

そこで、前回のブログでイベントでは「とりあえず」の一手を仕掛けてつなげる、と書きました。今回、どんな「とりあえず」の一手を打つか。皆さんもいろいろ思いつくでしょう。私が仕掛けようとしているのは・・・

「とりあえず」の一手

K部長は米や大豆の生産者ですが、農協青年部には野菜や果物の生産者も何人かいます。そこで、春以降、それぞれの作物の生産者たちに、作付けや収穫時期に授業をしてもらうのです圃場での現場作業も含めて

K部長から部員に次々にリレーしていって、サムガク生徒と共通体験を持ってもらいます。生産者が先生役をやるのは準備等で大変ですが、やれば自信になります他の連携が生まれてくれば嬉しいですね

さて、どう仕掛けるか・・・。授業後、サムガクと農協青年部と市職員で反省会を行う予定ですが、その場で提案しようと思っています。サムガクと農協青年部には個別にささやいているので、まず、大丈夫と思いますが・・・(頑張ります!)。

私は農協青年部の皆さんとイベントや懇親会他で会っていて、素晴らしいメンバーです。純粋に、サムガクの生徒とつながってほしいなーと。

生産者はプロデューサー

サムガクと農協青年部の絆を作りつつ、さらに私が年に何度か農業に関する授業をさせていただいている市内の高校や大学にも、講師役として彼らを紹介したいと、思いは膨らみます。

しかし、それには大切なことがあります。
生産者自らが生産者とはプロデューサーである」ことを自覚し、いろんな方と積極的に出会い学び、果敢に仕掛けていく積極性が必要です(6月30日付「プロデューサー」ということば参照)。

今、農協は地域や全国からその存在意義や行動が注目されています。農協に結集するこれらの若手生産者たちの取り組みにより、私は必ずや「地域に必要な組織」としてリード役を果たせると信じています。

あるべき行政職員の姿

前回と今回、イベントの仕掛け人である行政職員に対して、イベントに「とりあえず」の次の一手を仕掛けておくことを提案しました。

行政職員の皆様には、改めて普段から個人的に色々な方と接して人脈を築いておき、アイデアを貯めておくことをお勧めします。

私の考える「あるべき行政職員」とは「情熱を持ったつなぎ役」です。
さらにいえば、
 cool head and warm heartaction firstの持ち主です。

追伸:今年もあと31日を残すのみとなりました。田中良介さんにお願いしてブログを載せてもらい9か月余り。書きながら自分の考えを整理できたことが少なからずあり、自分にとっては大変勉強になっています。来年もマイペースで書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。皆様にとって、2017年がより良い年でありますように。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加