こんな商談には要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

展示商談会に出たことのある方は分かると思います。

商品の価値を、バイヤーさんに正しく伝えることって難しいですよね。農業者は、商品の魅力を伝えることが下手で・・・、なんて議論もよく聞きます。行政関係のセミナーに参加すれば、バイヤーさんに魅力をしっかり伝えましょうということを言われます。

本当にそうでしょうか?

実はバイヤーさんに魅力を伝えよう、伝えよう、とすることが、逆効果になるケースがあります。

僕自身、取引を通して、様々なバイヤーさんを見てきました。昔からうすうす感じていたことなのですが、最近になって、やっぱりそうか、と思ったことがあります。

それは・・・

商品の価値や魅力を、正しく理解できないバイヤーさんが結構いるということです。そもそも今やっている仕事が好きでなかったり、上司から言われて嫌々商品を探していたり・・・。最低限のトレンド情報を集めていない人もいます。産地や売り場などの現場を、しっかり見ていない人もいます。

そのようなバイヤーさんに、どれだけ商品の価値を正しく伝えても、伝わることはありません。

幸か不幸か、そのようなところと取引が始まってしまえば、その先あなたは嫌な思いをすることになります。あなたの我が子のように大切な商品が、雑に扱われているところを目にすることになるからです。商品や生産者に敬意をもっていないことが、浮き彫りになります。嫌ですよね。

では、そのようなバイヤーさんをどうやって見極めればよいのでしょうか?

これは難しい問題です。僕がやっているのは、商談の場で、とことん突っ込んだ質問をすること。自分の商品説明をしたあとは、できるだけ相手の話を聞きます。

たとえば、

・御社にとってのターゲット顧客はどのような人たちですか?
・どのような想いをお客さんに届けたいと思いますか?
・そのために、御社で意識していることはありますか?
・どのような商品が今後、お客さんに受け入れられるようになると思いますか?

相手の答えに対して、「具体的にはどういうことですか?」「そればなぜですか?」と深堀して、相手のスタンスをとことん聞き出します。ちなみに、これは相手のニーズを聞き出す作業と同じです。

相手が、高い志をもって商売をしているか、あなたは見極めないといけません。あなたの納得のいく答えを出せないバイヤー、曖昧なことしか言えないバイヤーさんには要注意です。

あなたと価値観の合わない会社に対して、どれだけ良い説明をしても、どれだけヘリ下ってみても、時間の無駄です。ただし、これはバイヤーさんや相手企業の問題ではありません。

スポンサーリンク

これは相手を見極めることができなかったあなたの問題なのです。

さらにいうと、数を打たないと、バイヤーさんを見極められるようになりません。最初は失敗覚悟で、展示商談会に出てみましょう。そこで痛い目にもあいながら・・・

伝える力と、バイヤーさんを見極める力、両方を鍛えていきましょうね。

-田中良介

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

食品企業の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。プロモーション漫画の制作や、記事・コンテンツ制作への評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年 日本食糧新聞社 特派員としての活動も開始
2017年 世界最大の食の見本市「ドイツ・アヌーガ」へプレスとして参加
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク