サムガク授業は大成功!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

昨年12月30日付「イベントで仕掛ける次の一手②」で、“1月初旬に侍学園(通称サムガク)で餅つきを含めた授業」をやると書きました。サムガクは、不登校や引きこもりなどの若者が新しい自分を見つけるための民間教育施設です。

1月13日に信州うえだ農協青年部・部長の柿嶌洋一さんと一緒に授業をしてきました。(柿嶌さん本人の同意を得ましたので、今までのKさんの表記を今後実名とします・・・実は本人からなぜ実名を出さないのかとクレームがありましたので・・笑)

授業は大成功!

第一部は、私の「信州上田の農産物のすばらしさ」、柿嶌さんの「私にとっての農業・農協とは」という授業です。特に柿嶌さんの農業・農協との関わり方について、その熱い思いに生徒は爆笑し、時に食い入るように聞き入っていました。

第二部は「餅つき」授業です。その様子は、侍学園HPにアップされていますのでご覧ください(http://www.samugaku.com/staff_blog/3409/)。

その餅つき授業で私が感じたことを書きます。

餅つきは貴重な「関係づくり」の場

ご存知の通り、餅つきは、もち米を蒸かして臼と杵でつき、手でちぎって丸め、きな粉やあんこなどで食べるものです。地元のJA支所が全面協力してくれました。

この場は、サムガク+JA+行政のつながりで初めて実現したものです。構図は、行政(私)が民間の両者をつなげたかっこうです。サムガクの教頭からは早速こんなメールをいただきました。

『本当に生徒たちが、多くの方々に応援してもらっているんだという実感を持てたようで、私もとっても嬉しいです。そして我々のような団体が、行政の方や農協の皆さんにご協力頂けることは、本当に励みになります。今後ともよろしくお願いいたします。』

嬉しい限りです。そこで、この場で生徒が学んだことは何か、私なりに考えてみました・・・

呼吸を合わせるということ

餅つきで、まず臼に入れた蒸したもち米を、杵で臼を回りながらつぶしこねていきます。4人でやりましたが、呼吸が大切で、全身でリズムをとってテンポよく協同で行います。初めはモタモタしていましたが、周りも手拍子で応援するとうまく回り始め、一緒にやることが嬉しそうでした。

餅つきは、つき手2人の呼吸が大切です。他人と合わせることが苦手な生徒が少なからずいる中、やっているうちに2人の息があってきました。手を入れてこねる方との呼吸もあります。「相手に合わせつつ、自らも行動する協働」の良い経験になったと思います。

仲間という存在がいなければできない餅つき、下準備やフォローをしてくれた地元JA支所職員たちもその笑顔が何よりの達成感を表わしていました。

最後に、「一緒につくった餅を笑顔でみんなで食べた」ということが、成果を共有できた証と思います。

次の一手を打つ!

終了後の反省会で、次の一手として「野菜や果物の生産者の話しや畑での作業」といった授業を検討していこうとなりました。

1回のイベントではなく、関係を作ってスタートしていきたいのです。皆さんの想像通り、少々飲み過ぎた夜となりました(笑)。

私がこのブログで一貫して書いている「地域づくり」での「関係性」構築支援(=地域の多様な人たちをつなげること)について、なぜ「関係性」にこだわるのか、年初なので改めて基本的な思いを書いてみます。次回に。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加