徹底的に指摘されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
レビュー

いや~、ダメ出しをくらいました。
気持ちいいくらい、いっぱい指摘を受けました。

新規事業を軌道にのせるため、1/27〆切の小規模事業者持続化補助金に申請します。その申請書類を、現在作成中です。ドラフトが出来たので、先日、商工会議所にいってきました。中小企業診断士の先生にチェックしてもらうためです。

1時間ほど指導してもらいました。
そして、これでもか!というくらい修正を加えられました。

一応ですよ、僕も過去2年、地元の生産者さんのために、補助金申請の指導をやってきました。そして、一応ですよ、2回連続で生産者さんの申請を通してきました。

だから、書類作成には自信があったのですが、全然あきませんわ~。先生に鋭く突っ込まれ、もうタジタジですわ。たとえば・・・

・ターゲット顧客をしっかり絞りなさい。
・現状分析が足りない。
・この補助金を使うことによって、どんな効果が期待できるか?
・具体的な数字とデータを示しなさい。またその根拠も。
・読み手のことを考えて書きなさい。

おおー、僕がいつも生産者さんに指導するときと、全く同じようなことを言われてるぜー(^^; どれだけ自信のあることでも、他人の目で見てもらうと、自分に見えなかったことがあることに気が付きます。自分で誤字脱字が見えないのと同じですね。

今回指導してくれた先生は、僕がやろうとしていることを的確に読み取ってくださいました。なかなかな人でした。またとても良いことを言われました。

スポンサーリンク

「補助金申請は事業プランの作成です。もし申請が通らなかったとしても、無駄にはなりません。」

自分にやりたいことがあって、そこに補助金を充てるのであれば、その申請作業は無駄にはならないということです。自分のやってきたことを振り返ることができます。そして向かうべき方向を、じっくり考えるきっかけになります。

補助金という響きはあまり好きではありませんが、こういう使い方ができれば、意味があります。(逆に自分にやりたいことがないのに、お金欲しさにプランを作るのは時間の無駄です。)

また、誰かにレビューをしてもらうことも大切です。早い段階で軌道修正してもらえます。商品開発にしても、6次産業化への取り組みにしても、販路開拓プランにしても同じです。

その点、行政から専門家を格安で派遣してもらえるので、使ってみるのも手ですね。上手く使えば、あなたの事業を発展させるために、軌道修正をしてもらえます。

ここで重要なのは、あなたの事業を発展させてくれるわけではないことです。軌道修正をしてくれる、ということです。

基本的な方針やプランをあなたが持っていない状態で、どれだけアドバイスを求めても意味がありません。事業の方針を最終的に責任をもって決めるのはあなたです。

行政やアドバイザーは何も決めてくれません。どれだけ行政のせいにしてみても、意味がありません。補助金を取ったからといっても、なにも解決しません。

すべては補助的にあなたの役に立つだけです。

つまり「誰かが悪いから自分が上手くできなかった」「とりあえず補助金がもらえればよい」と甘えたパターンのままではいけません。農業者が、「実践して結果を出すことで元をとる!」という感覚をもつことが大切です。

こんなことを頭の隅で考えながら、粛々と申請書作りは続く・・・
中小企業診断士の先生、ありがとう。

-田中良介

P.S. 今年の新規事業第一弾について、まもなくリリースできます。少々お待ちを。

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年には新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞。
2016年より中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナーとしても活動中。

アグリマーケティング 無料動画セミナー

「展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント」
※今すぐ実証済みのノウハウを手に入れてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク