とっておきの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

前回ブログの熊澤南水さん「ひとり語り」の続きです。
終演後に懇親会を行いました。そこで、南水さんの話の中で印象的だったことを書きます。

全国を公演で回る先には、小学校、中学校、高校もあり、それぞれ理解できそうな文学作品を選んで語るが、今までいくつかの驚くことに出会ったといいます。その中でも、「とっておきの話」として、次の話をされました。

スポンサーリンク

高瀬舟

それは、ある高校で、森鴎外の「高瀬舟」を語っている時に起きました。作品のあらすじは次の通り。


弟殺しの罪で高瀬舟に乗せられて島流しにされる喜助は、なぜか晴ればれとしている。護送の役目の同心・羽田庄兵衛はそれを不思議に思い、彼の心持ち を問うてみた。

親を流行病で亡くし弟と二人暮し、一緒に助け合って働いた。
しかし、弟は病気で働けなくなったことから、早く死んで兄を楽にしてやりたい一心で、自殺を図った。が、死にきれず苦しんでいる弟に手を貸し死なせてやったという。

話を聞いて、庄兵衛は、喜助の安心立命の境地に感嘆した。


この話を聴いた生徒たちはどう反応したのか・・・。
どの場面で何が起こったのか。全員が南水さんの次の言葉をかたずを呑んで待ちました。

言葉の力

この話の中で・・・ 弟が自殺を図るため、のどを切って死のうとしたが、うまくいかず刃が刺さったままになってしまった。喜助は、医者を呼ぼうとするが弟が必死に抜いてくれと頼むので、しかたなく抜いてしまった・・。
と語った場面です。

なんと・・・3人ほどの生徒が失神してしまったのです

当然、南水さんは抜群の演技力でリアルに語ったと思われますが、映像表現の場合なら、たぶん失神まではいかないでしょう。
このショッキングな話に、全員、改めて南水さんの話力に感じ入ったのですが、私は、考えを巡らしていました。

私は講演時に、パワーポイントで写真や図を使い評判もまあまあですが、研ぎ澄まされ話力は、言霊となって聞き手の心を揺さぶります。今まで、映像に安易に頼っていなかったか、大いに反省です。

さらに、「聞くこと」についてです。
生徒達は、南水さんの話を真面目にしっかりと聞きました。引き込まれたでしょう。私は、相手(お客様)の話しを聞くとき、相手の話がうまいかどうかにかかわらず、しっかり誠実に聞いているだろうか。

「聞く力」をつけないと、お客様との対話からニーズなど見つけられません

聞くと聴くは異なる

そこで、以前、どこかで読んだ言葉が浮かびました。「聞くと聴くは大きく異なる」ということです。

「聞く」は、耳が一つですが、「聴く」は、耳のほか目と心が加わっています
まさしく、聴く力が大切と思います。

失神した高校生たちは、確かに聴いていたのです

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員。中小企業診断士。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク