農協が変わる予感!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

今、農協は政府から改革を迫られています。
今の農協は中国の清朝末期に似ていて、肥大化した組織は環境適応ができません。まもなく歴史的使命を終えると極論する人もいます。

さすがに言い過ぎと思いますが、一方ではこんな農協も出てきました。組合員の声を虚心坦懐(きょしんたんかい)に聴き、組織を改革して立ち向かう農協です。その一つが、私が関わる「信州うえだ農協」です。

このところの動きをみていると、変わる予感がします。その変わる方向とは・・・

売ってなんぼの組織

「作るほうは組合員がやる。農協は売るほうに専念してほしい。」
農協の組合員が求めているものです。

人口減少・高齢化の進展、女性の社会進出。受けて、生鮮野菜・果物の消費減少、中食・外食の増加等。この流れは、市場流通の減少、直接取引の増加をもたらし、農協を取り巻く環境は大きく変化しています。

しかし、相変わらず量で勝負する市場取引中心主義を脱却できず、マーケットインは口先だけ。なぜなら・・・農協にとって量で手数料を抜く(収益を確保する)のが一番楽だから
そんな農協はいらない、というのが組合員の本音です(私も組合員です)。

市場流通が減少している実態を直視するなら、農協は直接販売に軸足を置くべきです。信州うえだ農協は、3月1日付でこれに応える組織に変えました。

「売る組織」づくり

販売部門で、市場販売課に加え「直販課」を新設(総勢14人)。そこに営農指導課を併設しました。狙いは明確、売れる農畜産物を作ることです。

人材育成の一手

新たな組織を担う人材が必要で、長期的な視点が求められます。そこで、農協がとった新たな一手は何か。
上田市農政課農産物マーケティング係への人材派遣です。市との人事交流は初めてですね。

物(農畜産物)を持っていない行政は、農協と組んでこそ効果的かつスピーディなマーケティングが展開できます。農政課内でも、農産物マーケティング係が4月から推進室に格上げされ、新たな動きが始まります。

それだけでは、形を整えただけと言われかねません。この機に、農協はさらに思い切った手を打ちました。

地域とつながる農協

農産物の高付加価値化で、6次産業化支援が求められています。地域で行うには、2次・3次の多様な事業者との連携が欠かせません。

そのために、4月から農協が上田市商工会議所に加盟します。商工会議所側も歓迎で、農協が加わる6次産業化の仕組みづくりの進展等が期待されます。全国的にも注目される動きで、いろいろな展開が想定できます。

地産地消・販路開拓GO!

地元の旅館・飲食店への食材提供が広がり、商工事業者のお中元・お歳暮品の取り扱いも増えるでしょう。菅平高原の新鮮レタスのお中元なら、贈られたほうは、ご近所におすそ分けするかもしれません。

その反応を農協がじかに把握し、生産者にフィードバックします。従来の「市場に売って終わり」ではない大切な役割が果たせます。

トップがリードする

この組織改革をリードするのは、今年度、一気に交代した組合長や専務・常務の皆さんです。新たに農協と市役所との定例会議をスタートさせました。連携事項を打ち合わせし、共同歩調をとっています。

新組織が動きだす次年度からが勝負。いろいろな障害も想定されます。
しかし、組合員の声や地域からの要望を真摯に受け止め対応していく限り、農協は地域でなくてはならない存在です。

農協系統組織出身の私も、微力ながら支援していきます。
敢えて、このところテレビで毎日報道されている幼稚園児のフレーズをもじって、力強く言いましょう。

「農協」ガンバレ!「農協」ガンバレ!

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加