俺たちの店だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

おばちゃんパワーがさく裂した地元産大豆の料理教室を無事に終えました。

関係者で反省会をしましたが、最後に予期せぬ展開となりました。
会場は、以前ブログに書いた太郎ぽーくをメニューにしている「のあ」という店です。

参加者は、
講師の北さん(北沢さん)
大豆生産者5人
農協職員1人
市役所職員3人
味噌醸造会社社員1人。

本日の反省を行い、総じて参加者皆さんが積極的に関わり好評だったこと、今後継続して実施することを確認しました。

私から、北さんの凄さの一端を紹介しました。
彼の店「職人館」には、一流の料理人がこっそり訪れます。

早朝、彼と一緒に裏山に入り、自然の食材を摘み料理する醍醐味を味わうためです。市場では、自然の風土が味付けした食材を手に入れることは滅多にできません。
「自然の味付けとは何かを体感したい」との思いがつのり、職人館にやってくるといいます。

私は、一流の料理人を常連客に持つ北さんの料理を食べに行く提案をし、全員が賛成。最後の締めを彼に託しました。そこで出た言葉が思わぬ展開をもたらします。

「この店で、大豆ナカセンナリとその醸造味噌を使った料理をメニューに加えて、生産者や味噌屋さんが『俺たちの店だ!』と自慢したらどうだ」。「今度、開店前に厨房を借りて何品か試作しようか、おかみさんどうだね」

この店を、生産者たちの店にしようという提案、おかみさんは一瞬あっけにとられたけれど、快くOK。
生産者たちは驚きつつも、作った大豆を自慢できる幸せをイメージできたのか、ホクホク顔です。塩田産大豆の特徴を書いたチラシも作ろうと盛り上がりました。

翌日、北さんから電話があり、普段このブログに書いていることと同じ話をされました。イベントをやって終わりは、ダメ。次々につながることを具体的に提案し実行することが重要。

長谷川さんと一緒だといろいろなことにチャレンジできて楽しい、と過分なお言葉をいただきました。

スポンサーリンク

北さんの基本的なスタンスを繰り返します。

人は「健康で生きるために食べる」。食べるための原点は土。その土が育ててくれた食材は、そのままで美味しい。料理人は、その地の風土が味付けしてくれた食材を邪魔しないことだ。

北さんのおかげで、そんな食材の料理を上田駅前で食べられそうです。
ありがとうございます。
また楽しいことを仕掛けますね、一緒にやりましょう!  

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員。中小企業診断士。

アグリマーケティング 無料動画セミナー

「展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント」
※今すぐ実証済みのノウハウを手に入れてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク