知っていたら買っていたのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
awareness

かつて僕はしょっちゅう展示商談会に出展していました。月一回のペースで出ていた時期もありました。

展示商談会は、広報の場であり、バイヤーさんに出会う場です。商品PRを何度も何度も繰り返しました。取り扱い商品は、ブドウを使った加工品でした。これだけ出展すれば、さすがに多くのバイヤーさんにうちの商品は知れ渡っているであろうと思っていました。

しかしですね、現実は違いました。どれだけ出展しても、どれだけPRしても、バイヤーさんから言われた言葉があります。

「こんなにいい商品を、もっと早くに知っていれば良かった。」

え~とですね。こっちはこれだけ商品PRをしている訳ですよ。あんたらの目は節穴かー!!しかし、このようなバイヤーさんが全く後を絶たないのです。

展示商談会だけではありません。マルシェや催事に出ても、お客さんは「こんなにおいしいもの、初めて食べました!」と感動してくれます。これだけPRをしているのに、うちの商品のことを、ほとんど誰も知らないのです。

今だから分かる真実があります。

当時の僕が「これだけPRしているのに・・・」と思っていた、そもそもの認識が間違っていたのです。実は、限られた、そして偏ったPRしかできていませんでした。

あなたの商品が売れない理由のNo.1をお教えしましょう。それは、

味や品質の問題ありません。
パッケージデザインではありません。
ラベルでもありません。
生産者の人柄でもありません。
価格が高いからでもありません。

一番大きな理由は、知られていないから。あなたの商品を誰も知らないから。

考えてみてください。世の中の99.9%の人は、あなたのことも、農園のことも、商品のことも知りません。認知度が全くない状態です。知らないものは買えません。

だから売れていないのです。だから優良なお客さんに出会えていないのです。

あなたのこだわり商品を、まずは世の中に知ってもらう必要があります。知ってもらい、手に取ってもらわないといけません。お客さんのフィードバックが入り始めてから、味がどうこうとか、デザインがどうこうとかの議論が出てきます。

スポンサーリンク

あらゆる広報手段を地道に続ける

では世の中に知ってもらうために何をすれば良いのでしょうか。ざっと思いついたものを書いてみました。

・展示商談会に出展する
・マルシェや催事に出店する
・ホームページを制作する
・定期的にブログを書く
・FacebookやインスタグラムなどのSNSで広報する
・メールマガジンを始める
・プレスリリースを出してみる
・メディアに取り上げてもらう
・新聞記者と仲良くなる
・他の業者を通して、商品紹介してもらう
・バイヤーさんに電話したり、Faxを送ってみる
・Facebook広告を出してみる
・ラジオに出てみる

あなたができていないことはありますか?ほとんどできていないかもしれませんね。ということは、まだまだ出来る余地があるということです。

展示商談会だけ、ホームページだけ、ブログだけでは効果は限定的です。ポイントは、複数の手段を組み合わせて、多面的に広報をすることです。あらゆる角度からお客さんに知らせていきます。

そして継続的に実施することも重要です。一回やったからと言って、急に認知度上がるなんてありえません。お客さんやバイヤーさんは物忘れが激しいので(注:僕もあなたも!)、繰り返し伝えることにより定着させていきます。

商品だけでなく、あなた自身のこと、農園のこと、総合的に認知度を高めていきましょう。地道に地道に。

-田中良介

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

食品企業の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。プロモーション漫画の制作や、記事・コンテンツ制作への評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年 日本食糧新聞社 特派員としての活動も開始
2017年 世界最大の食の見本市「ドイツ・アヌーガ」へプレスとして参加
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク