農業者こそ時間管理術を学ぶべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最近、時間管理術を学びました。アナログ的に手帳を使った方法です。一度、じっくり教えてもらったのですが、それを習慣化するのは結構大変です。だから先生に、継続的に指導してもらっています。

かつてはGoogleカレンダーなど、デジタルの方が便利だと思っていたときがありました。しかしそれが上手く機能しなくなってきました。やることが増えると、小さなスマホの画面では全体像が見えないのです。

今は完全に、手帳を使ったスタイルに移行しました。その手帳では、月間、週間、デイリーページで管理します。今までさまざまな時間管理を試してみましたが、このやり方が自分にはしっくりきています。

そして、この方法を農業分野にも使えないかと考えています。

スポンサーリンク

言い訳に満ちた農業の世界

農業者は忙しい人が多いです。とくに、今まではJAや直売所だけで販売していた生産者が、販路開拓であったり、6次産業化、輸出、そして社員採用などに取り組むと、途端に時間がなくなります。補助金申請書を作ることだって手間暇かかります。

行政や周りからは、新しいことに挑戦しろ!とせかされます。販路開拓が進みはじめた瞬間に、忙しさがピークに達して、プッツンとなる農家もよく見かけます。僕だって、農業法人でずっと働いていましたから、テンテコマイな状況がよく分かります。

販路が広がれば広がるほど、自分自身が見えなくなります。社内の不満も溜まっていきます。

季節の移ろいや天候の変化が農作業に影響します。突発的な作業があることは事実です。でも本当に農家に時間がないわけではありません。時間の使い方に問題があるのです。「農業は特殊だから・・・」と言い訳をしがちです。あなただって、本当は薄々気づいていたのではないですか?

農業では、農繁期と農閑期があります。農繁期は超忙しいのですが、農閑期は比較的ゆっくりできます。農閑期に今までできていなかったことに、取り組まないといけません。一年の経営計画を立てる、販売プランを考える/行動する、補助金申請をする、勉強会に参加するなど、農閑期だからできることがあります。

しかし、僕もそうでしたが、この時期は気が抜けます。本来やらなければならないことの半分もできません。

農繁期の時間の使い方はもっとシビアです。農作業の合間をぬって、やるべきことをこなさなければなりません。展示商談会に出たり、バイヤーさんに連絡したり、申請書類を作ったり。でも農繁期は「忙しいから」と自分に言い訳をしてしていませんか?そして、すべてが後回し、最悪、見て見ぬふり・・・

農家は本格的に販路開拓に取りくむ前に、時間管理を学ばないといけないといけません。行政の6次産業化セミナーでは、時間管理講座も組み込むべきです。僕が販拡支援に入る場合も、必ず時間管理を先に学んでもらうようにしようかと考えています。そうしないと、農業者がどこかで行き詰まるからです。

僕が実践している時間管理は、ある意味シンプルです。やることを付箋に書いて、手帳に貼っていきます。時間枠にタスクを割り当て、あとはそれを実行していくだけです。

時間枠にタスクが割り当てられていないと、だらけてしまいます。無駄にソーシャルメディアを見てしまったり、メールを何回もチェックしてしまったり・・・。気が付けば、長時間、テレビやYoutubeを見てしまっていることもあります。そんな時間を過ごしてしまうと、自己嫌悪に陥ります。「あ~、もっとやるべきこと、やりたいことがあったのに・・・」って。

時間管理の基本

僕が習慣化しようとしている時間管理の基本は、以下の通りです。ツールとして、手帳と付箋を使っています。何のコストもかかりません。

  1. やり遂げることを決める。
  2. タスクをできるだけ細分化する。
  3. タスクを時間枠に割り当てる。
  4. やり遂げるまでは、すべての邪魔を排除する。

これは農業の世界でも同じです。もし時間がないと感じているのであれば、それはあなたの時間管理方法に問題があるのかもしれません。

-田中良介

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。Web制作やコンテンツ制作の評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年より日本食糧新聞社記者(特派員)としても活動中

アグリマーケティング 無料動画セミナー

「展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント」
※今すぐ実証済みのノウハウを手に入れてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク