荒廃ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
荒廃地

ここのところ、中小企業のホームページの運営指導をさせていただくことが増えてきました。

多くの生産者は、まだホームページを持っていません。とりあえず、Facebookなどで代用している場合もあります。最初の一歩としてこれで問題ありません。

自分でつくれる人はあまりいないので、基本的に業者さんにお願いして制作してもらうことになります。業者さんは、とりあえず見た目のキレイなページを作ってくれます。

また、「SEO対策としてxxxを入れ込んだほうがよい。」だとか、「Facebookページをホームページ内で表示できるようしましょう。」だとか、「生産者日記(ブログ)ページも必須です。」だとか、いろいろ提案をしてきます。中小企業のほとんどの方は、なんのこっちゃか分からず、言われたままにオプションをつけることになります。

さまざまなオプションを盛り込んで、お金もかけて、立派なホームページができ上ったとしましょう。あなたは「よし、これで売り上げUPだ!」と意気込むと思います。

しかし現実は、ホームページを作っただけで売り上げがアップすることはありません。アクセス数を見てみると、一日20~30程度です。あれ?少ない!

しかもよくよく考えてみると、そのアクセスの大半は、自分や家族や従業員ではないか!!ということに気が付いて、もっとショックを受けます。

あなたのページが検索でひっかることもなければ、アクセスしてもらえることもありません。運よく、アクセスしてくれる人がいても、すぐに立ち去ってしまい、二度と戻ってくることはありません。

なぜこのようなことになるのでしょうか?

結局、ホームページは箱でしかないです。そこに命が吹き込まれていないページをよく見かけます。荒廃農地が社会問題になっていますが、それに負けず劣らず荒廃したホームページといったところです。もう完全に精気を失ったページ・・・たとえば、

最終更新日:2012年8月

こんなページを見たら、もう倒産したか、倒産しかかっているように見えます。見にきた人にとびきり悪い印象と誤解を与えてしまいます。無駄に立派なつくりが虚しく見えてしまうのです。かつて繫栄した古代遺跡のように・・・

だから僕がいつもお勧めしているのは、ホームページはできるだけシンプルにつくることです。

生産者さんであれば、農園紹介、園主紹介、メイン商品紹介、コンタクト/アクセス、ブログページがあれば十分です。あまりごちゃごちゃバナーがあるのは良くありません。背景は基本的に白で、文字フォントや色も、2~3種類以内に抑えるのがベストです。

無駄にページや機能やバナーが多いと、それをあなた自身が更新したりメンテナンスするのが大変になります。すぐに嫌になっちゃいます。だから、現実的に運用できるレベルに抑えるのが良いわけです。

そして、もしブログをやるのであれば、更新頻度を自分で決めて、それを継続する必要があります。無理のない範囲で続けましょう。「これからブログを更新していきます!」って宣言して3日で終了しないように。これもあるあるですよね。(笑)

息吹の通ったホームページはすぐに分かります。バイヤーさんがアクセスしても、あなたの農園に魅力を感じ取ってもらえるはずです。その先の商売にもつながりやすくなります。

あなたのページは、閑散とした古代遺跡になっていませんか?ぜひお客さんの視点で覗いてみてください。

-田中良介

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

農業者の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年には新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞。
2016年より中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナーとしても活動中。

アグリマーケティング 無料動画セミナー

「展示商談会をきっかけに、あなたの農産物/加工品が売れる7つのポイント」
※今すぐ実証済みのノウハウを手に入れてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク