「給食」効果と森鴎外(上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

上田市の合併前の真田町で教育長をされた大塚貢さんという方がいます。

校長で赴任した中学校は、いじめ・非行・暴力が日常化していましたが、地産地消の「給食」に変えたら無くなり、優秀校に変身させた実践者です。
「長野県真田町の奇跡」として、教育界では大変高名な方です。叙勲もされています。

最近、ご縁があり、直接お話を伺う機会がありました。80歳を超えた年齢にも関わらず、いまだ精力的に全国を講演で飛び回っています。

お話しを伺うと、色々な壁にも直面されたとのことですが、柔和なお顔ながら強靭な意志を目に宿す姿を拝見しつつ、私は一人の人物を思い浮かべました。

それが・・・森鴎外です。意外でしょうか。
地産地消の「給食」と森鴎外がどうつながるのか。以下、私の勝手な考えを記します。最後まで読んでもらえればと思います(たぶん、誰も書いていないのではと思うので・・・)

大塚さんの実践

大塚さんの実践は、ネットで調べれば詳しく出ています。概要は以下の通りです(私の理解です)。
校長として赴任した中学校は、非行が続出し、授業にならない状況でした。そこで先生方に授業を変えてもらい、花壇を作り、給食を変えました。

それまでの給食は、好きな揚げパンや中華麺、スパゲッティ、ソフト麺などであり、みんな大好き。一方、ご飯は1週間に1回程度、副食は肉が主流。

そこで、まず主食はご飯、さらに副食も魚や野菜たっぷりのメニューに変えました。保護者からは、給食費を払うのは私たちだ、校長の勝手にはさせない等、いろいろ言われ困難を伴いましたが、何とか実行しました。

続けていくと生徒が変わり、非行ゼロ、成績がアップするという劇的な成果につながったのです。

その後、教育長として、管内の中学校の給食を地産地消の米・野菜や魚のメニューに変える実践をし、非行が消え学力アップをもたらしました。

無視という反応

長野県内はもとより全国を講演して回り、大塚さんの取組みを実践する学校や自治体も現れ、成果も上がっています。
しかし、ご本人が言うには、いまだ反応しない、あるいは無視するところも多いとのこと。

たぶん、地元の食材(米・野菜・魚など)を使った給食だけで非行がなくなったり、学力がアップすることはありえないと思うのでしょう。

そんな単純なことではなく、先生方の授業の改善が大きな比重を占めるはずで、花壇づくりを含めた複合的な効果であり、結局個々の学校の状況による、との考えです。

科学的なデーターや検証、ロジックも不十分ではないか、という意見が多いのではと推察します。

無視は「証拠より論」による

つまり、取り組んだ事例は成果が出ているが、地産地消の給食が直接貢献しているとの学術的な論拠がない、ということでしょう。

論より証拠」ではなく、「証拠より論」を重視する人たちが多いのです。

このことが、私には森鴎外を連想させるのです。
私が鴎外を気にするのは、「文豪」としてではなく、「軍医」として行動し発言してきた人物だからです

ですから、軍医として正しくは森林太郎と表記すべきですが、同一物なので、鴎外で進めます。

鴎外は軍医として「ある病気」の解決に関わっており、一貫して現在の多くの教育関係者と同じ「証拠より論」の立場でした。ある病気とは何か・・・

「脚気」です。これが大きな問題になっていきます。
少し長くなりました。地産地消の給食と森鴎外の脚気との関係については、次回に。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加