紹介本シリーズ④「人間の生き方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

このブログでの紹介本は、ビジネスに役立つ視点から選択しています。
小説や詩集などは対象外となります。

今回、紹介する本「人間の生き方」は、著者・安岡正篤氏の講演を中心に編集したものです。ビジネスに関わるあなたにも大いに参考になると思います。

今回から何回か、仮想インタビュアー(女性)との対話形式で紹介します。その女性インタビュアーの名前は、引田美由子さんです。

賢明なあなたならすぐ気付いたでしょう。読み方が「インタビュ―子」であることを・・・(笑)。早速始めます。

スポンサーリンク

 

美由子さん 安岡正篤さんとはどんな人ですか、知りませんが・・・

 もう亡くなられていますが、いまでも皆さんと強くつながっていますよ。

美由子さん 何のことかさっぱりわかりません、もったいぶらずに早く教えてください。

 ごめん。安岡さんは、元号「平成」を考案した人です。ちなみに、「昭和」の元号も安岡さんの発案といわれているんですね。

美由子さん ヘエ~

私 安岡さんは、若いころ「王陽明の研究」で脚光を浴びた陽明学者で、朱子学や仏教、神道などに精通していました。

農村の次代のリーダーを養成する目的で日本農士学校を開校し、各界指導者に大きな影響を与えました。

吉田茂首相をはじめ、歴代の総理の指南役だったとも言われています。

美由子さん 知りませんでした。ところで、この本のどこが「おすすめ」なんですか。

私 リーダーとしての生き方を東洋思想を基軸に縦横に語っていますが、指導者の資質などは全く持ち合わせない浅学の私には、あまり響きませんでした。

でも、あるページを読んでいて、思わず蛍光ペンを引いてしまったんです。

美由子さん ほとんどは読み飛ばしたけど、あるページが心に響いたということですね。そこには何が書いてあったんですか。

 「思考の三原則」という考え方です。
第一は、何事も目先にとらわれず、できるだけ長い眼で見る
第二は、なるべく一面にとらわれず、多面的に考察する
第三は、物事を枝葉末節にとらわれないで、根本的に考える

美由子さん なるほど、シンプルで基本的な考え方ですね。

 読んだのは20年ほど前ですが、私はこの考え方を今でも非常に大切にしています。

毎年使う手帳にも書き継いでいて、この「長期的」「多面的」「根本的」に考えることを心がけてきました。私の中小企業診断士としての付加価値と思っています。

美由子さん 以前紹介された「森林の思考・砂漠の思考」にも通ずると思いますが・・・。

 その通りです。ハウリングしますね。上空から全体的・根本的にとらえる。対面して分析的に細部を見ることと似ていると私も思います。

特に、「多面的に考察する」ことは、いろいろな観点から他と比較することだと考えます。

その意味から、衝撃を受けた本を次回に紹介します。
その本に掲載されている2つの図が私にとっては強烈でした・・・忘れられません。

美由子さん どんな本でしょうか、楽しみです。

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員。中小企業診断士。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク