名刺一枚 壱万円なり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
商談会で名刺交換

バイヤーさんの名刺が、一枚一万円で売っていたら、あなたは買いますか?取引につながる可能性の高いバイヤーさんの名刺です。

一万円か・・・。う~ん、高いな・・・。(躊躇)

でももしあなたがその可能性にかけて、名刺を購入したとしましょう。そのあと、どんなアクションを取りますか?

絶対にそのバイヤーさんに連絡を取りますよね。商品の売り込みをかけるはずです。ちょっとくらい断られても、どんどん攻めることでしょう。そりゃ、そうですよ。一万円払って購入した名刺ですから。元を取らないとやってられません。お金を無駄にするわけにはいけません。無駄にするわけには・・・

視点を変えてみましょう。

このブログを読んでくれている人は、展示商談会に出展したことのある方も多いと思います。出展コストを計算したことありますか?

人件費、交通費、宿泊費、出展料、サンプル代、ブース装飾代、送料・・・・。

そんなに厳密でなくとも構いません。もし今度出展するのであれば、総額を計算してみましょう。いくらになりますか?

もちろん展示商談会やあなたの会社の規模にもよるので、一概には言えませんが、20万くらいはかかるはずです。出展料だけで数十万円かかることもあります。スタッフを5人連れていけば、人件費と交通宿泊費で、うん十万です。掛けることの日数分です。100万円以上かかることも十分考えられます。

仮にここでは20万円かかったとしましょう。

展示商談会を通して、あなたはせっせとバイヤーさんと名刺交換をしました。100枚の名刺をゲットです。でも実際、商売につながる可能性の高い名刺は、そのうちせいぜい20枚程度でしょう。

では次の質問です。この有力な名刺一枚獲得するのにかかった費用は、いくらでしょうか?

20枚÷20万円=1万円

ですよね。簡単な計算です。
え、名刺一枚 一万円?まさか?

そうなんです。展示商談会に出展するということは、有力な名刺を購入するのと同じなのです。

スポンサーリンク

札束を捨てますか?

あなたは20万円かけて、20枚の名刺を購入しました。聞いたことがあるかもしれませんが、展示商談会は終わった後からが勝負です。アフターフォローがとても大切です。

もしそれをやらなければ、名刺という札束をドブに捨てるのと同じです。時間が経てばたつほど、バイヤーさんはあなたのことを忘れていきます。一万円の鮮度が失されていきます。一カ月もたてば、価値は半減していることでしょう。

しかし、しっかりバイヤーさんに連絡をとり、アフターフォローを続ければ、一万円の名刺の価値はどんどん高まります。数年後には1000万円で換金できるかもしれません。すなわち、継続取引につながるということです。

展示商談会を生かすも殺すも、あなた次第。
まずは簡単な以下の計算を、これから実施してください。

1.出展にかかった総コスト
2.有力な名刺一枚獲得コスト

もうアフターフォローやらない言い訳はできませんよ!

– 田中良介

P.S. アフターフォローのやり方については、右の「記事を検索」で「フォロー」と入れれば、参考記事が出てきます。ご活用ください。

この記事を書いた人

田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

食品企業の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。プロモーション漫画の制作や、記事・コンテンツ制作への評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年 日本食糧新聞社 特派員としての活動も開始
2017年 世界最大の食の見本市「ドイツ・アヌーガ」へプレスとして参加
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク