天然カラーがここまで進んでいる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
カラフルワイン
アヌーガ2017 レポート
~ 食の世界最新トレンドをビジネスへ取り入れる⑥ ~

M&M’S チョコレートを食べたことあります?丸くてカラフルなチョコレートです。色鮮やかで子供受けしそうですが、どこか毒々しいですよね。

カラフルなチョコレート

そのM&M’Sが最近、大きく方向転換しました。以下の記事をご覧ください。

Mars, Inc. recently announced it would be removing artificial colors from all of its food products “as part of a commitment to meet evolving consumer preferences.” More than 50 products will be effected, including M&Ms, Skittles, Starburst, Wrigley’s Gum and Snickers.  (HUFFPOST 2016.11.2)

えーと、ざっくり訳しますと「Mars社は、高まる消費者のニーズに応えるため、合成着色料の使用をやめました。」とのことです。

これは2016年の記事ですので、今はもう合成着色料は使っていないと思われます。(日本で販売されている商品にも適応されているかは、確認取れてません。)

じゃあ、どうやって色を付けているかというと、

NATURAL COLORING(天然着色料)です。

あの毒々しくカラフルな色は、実は天然であったー!おーびっくりですね。このナチュラルカラーリングという言葉が、今世界中で注目されています。

アヌーガでもこれは一大トピックとなってました。商品の色が、次々と天然ものに切り替わっています。

商品開発をしている人は分かると思うのですが、やはり天然の色素だけではなかなか鮮やかな色が出せなかったり、劣化が激しかったりします。これが天然ゆえの弱点。と思って、あきらめていませんか?そんなことでは世界との差が開いてしまいますよ。

世界では、野菜や果物やスパイスなどを使って、いかに鮮やかな色を出すかの研究開発が盛んです。カラフル人参やターメリックやベリーなどをつかいます。素材の組み合わせや色素抽出方法など、工夫に工夫を重ねています。消費者のニーズがそちら側にどんどん傾いていっているからです。

事例をお見せしましょう。ぜーんぶ、天然カラーです。ワオ!


チョコレートやグミ


様々な天然カラー素材をPRするドイツ企業

ジュースもすべて天然カラーのラインナップ
ジュースもすべて天然カラーのラインナップ


スパイスも見た目が綺麗

カラフルワイン
ワインも天然カラーでカラフルに!葡萄の皮の色素を使っているそうです。(味は完全にワインでした)

食品も見た目が大切ですよね。そして鮮やかなものに人は目を奪われます。だからと言って、合成着色料をバンバンに使っていい時代は終わりました。これからは鮮やかな色合いと健康を両立しなければなりません。消費者がそれを求めているのです。

あなたの商品のその色。天然素材のカラーに切り替えていきましょう。カラフル人参、ベリー類、ターメリック、ブドウの皮の色素、根菜類の皮などが使えそうですね。

天然カラーにこだわるあなたの姿勢が、いずれ日本の消費者からも支持されるはずです。

– 田中良介

追伸:世界食品トレンドをもっと学びたい方は、以下のメルマガにご登録ください。食品企業の商品開発やマーケティングに役立つ最先端の潮流を、田中が解説しています。
メルマガ「世界の最新食品トレンドを知る」

この記事を書いた人

田中良介
田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

食品企業の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。プロモーション漫画の制作や、記事・コンテンツ制作への評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年 日本食糧新聞社 特派員としての活動も開始
2017年 世界最大の食の見本市「ドイツ・アヌーガ」へプレスとして参加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加