このひと言・コーナー①『向き不向きより前向き』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

過去のブログ記事はマーケティング本形式の「農業の売れる仕組みづくり」
https://agri-marketing.jp/masayuki-hasegawa-book-summary/
をクリックしてお読みください。


私が今までに影響を受けた、または話して反響があった「ひとこと」を発信していきます。
あなたの気分転換や話のアクセントとして参考になれば・・・。

初回は「向き不向きより前向き」という言葉です。どこで知ったかは忘れました。講演や研修会で時々話して反響があります。
「悩んでいたが吹っ切れた」「まずはやってみることにした」等、文字通り前向きな反応ですね。

記憶に残るある場面

なかでも14年前に話した場面はよく覚えています。
地元小学校のPTA会長として卒業式で挨拶した時のこと。話したことは、だいたいこんな感じでした。

皆さんはこれから中学校・高校に行き進路を決めるにあたり、「自分に向いている職業は何か」、たぶん多くの人が悩むでしょう。

でも人生経験が短い皆さんが悩むのは当たり前です。ならば、悩んでいるよりやってみてまた考えればいい。また、人に相談するなどして前向きに悩めば、相談にのってくれる人が現れます

思いがけない反応

話し終えて、卒業生がどう受け止めたかはわかりませんでした。しかし、ある方たちから反響があったのです。誰なのか・・・。

聞いていた先生方です。数人からいい言葉ですね!との感想がありました。先生方も、自分が教師に向いているのか、悩んでいたのです。

ついに知った卒業生の反応

そして、ついに「卒業生がどう受け止めたかを知る時」が6年後にやってきました。

娘(PTA会長時の卒業生)の小学校からの同級生が、高校卒業の時に小学校卒業式での私の話に触れ、ひと言発したとのこと。

「イズちゃん(娘)のお父さんをリスペクト

6年かかって、この言葉が発酵してきたということでしょうか。
反応が無くても、やがて効果が表れること、「時間の価値」を身を持って体験した瞬間でした。

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加