韓国で講演して気が付いた「大切なこと」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
Global Food Trend & Tech Conference

5月2日に韓国ソウルで開催された「Global Food Trend & Tech Conference 2018」(Kotra主催)で、日本のコンビニ食品トレンドについて講演してきました。参加者は600人以上!大きな会場が超満員でした。

2018 Global Food Trend & Tech Conference

2018 Global Food Trend & Tech Conference

普段の講演では、あまり緊張することはないのですが、今回は初めての英語スピーチだったので、さすがに心臓がバクバクしてしましました。

カンファレンスのテーマは「Disruptive Food Technology(革新的な食品テクノロジー)」。僕以外にも、アメリカ、オランダ、アイルランド、ドイツ、中国、韓国など、計9名の食品産業の専門家が話しました。世界トレンド、植物性プロテイン、クリーンミート、3Dプリンタを使った食品加工、また各国の食品産業など・・・、僕からしたらよだれが出るような、世界最先端の興味深いトピックがずらり。

講演ではヘッドマイクを使い話します。講演台はありません。だからカンペは見られません!これはなかなかのチャレンジだ~。こんな感じ↓

Joe Tanaka

壇上から「アンニョンハセヨ!」と言ってみたら、600人が口をそろえて「アンニョンハセヨ!」と返してくれました。おー感激。これで一気に緊張がほぐれ、会場と一体感が!日本に行ったことがあるか聞いてみると、6~7割が挙手。フムフム。

2018 Global Food Trend & Tech Conference

講演後は、ラウンドテーブルQ&Aセッション。講演者が数人ずつ壇上にあがり、会場からの質問に答えます。もちろん英語でのやりとりです。「厳しい質問せんといてくれー!」という僕の心の叫びに反して、突っ込んだ質問が💦 。韓国の人たちは、日本の食品事情にかなり関心を持っているようで、すさまじい熱気でした。(なんとかすべて回答できました。ホッ。)

Global Food Trend & Tech Conference

これら講演やQ&Aセッションを通して、気が付いたことがあります。

それは壇上から見ていて、誰一人として寝ている人がいなかったということ。600人もいると、通常ウトウトしている人がいるもんです。でもざっと見渡したところ、みな集中力を切らさず、必死にメモを取りながら聞いてくれています。

あなたはなぜだと思いますか?

その一番の理由は、カンファレンスへの参加費用だと僕は考えています。参加者はみな、それなりの金額を払って学びにきているのです。

海外から参加している人は、さらに旅費がプラスです。元を取るためにも、みな真剣勝負。講演側としても、必然的に気合が入ります。

一方で、某自治体の参加費無料セミナーの場合、ウトウトしている人が結構います。目がお釈迦様のように半眼になっています。おそらく修行中なんだと思いますが(笑)。壇上からは非常によく見えてしまうんですよね、これ・・・。

世の中には、なんでも無料でサービスを受けようとする人がいます。情報も無料で得られるものだと思っている人もいます。心情としては分かります。

しかし自腹を切ることによって、あなたの(無)意識レベルは大きく変わってきます。同じことを学んだとしても、より多くのことを吸収できるようになります。僅かなチャンスが見えるようになります。そして当然ながらその後のあなたの実行動にも、多大な影響を与えます。

残念ながら多くの人は、その本質に気が付いていないようです。ほんの僅かな投資もためらい、無料サービスで得した気になっています。実際はそれで損をしているのです。

自腹を切る ―― これは自分を成長させるため、自分のビジネスを加速させるための、パワフルな秘訣。韓国で講演しながら、そんなことを思いました。

– 田中良介

この記事を書いた人

田中良介
田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

食品企業の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。プロモーション漫画の制作や、記事・コンテンツ制作への評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年 日本食糧新聞社 特派員としての活動も開始
2017年 世界最大の食の見本市「ドイツ・アヌーガ」へプレスとして参加
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク