ふっかけられた喧嘩のゆくえ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

5月6日のゴールデンウィーク最終日に起こったことです。
突然でした。心構えもなく喧嘩を受ける羽目になったのです。ことの成り行きを少し長くなりますが、話しましょう。

上田市が発酵関わりのイベント(日本酒・ワイン・味噌食品の飲食と販売)を主催し、大変な混みようでした。

併せて、地元の棚田で酒米を作り、酒蔵で醸造して日本酒に、酒店で販売・居酒屋で提供する一連のドキュメンタリー映画を上映したのです。

上映後、私が司会役で出演者たちとトークセッションをしました。監督はじめ、生産者グループ代表、酒蔵杜氏、酒店店主、居酒屋経営者、ソムリエの計6人が勢ぞろい。

目的は、「地産地消を多彩な人のネットワークで地域循環する大切さ」を語り合うことです。

映画では言い足りなかったこと、出演者同士による質問等、1時間ほど活発なやり取りをし、最後に会場から質問を受け終了という段取りでした。

ところが、その最後の質問者から喧嘩をふっかけられたのです。
その方(彼)はいきなりこんな質問をしました。

「今回の映画に直接関係ないが、”棚田のサスティナビリティ”について、司会者や出演者の考えを聞きたい」

そこまでなら私は、自分はさておき、どうふったらいいか考えればいいと安易に思ったのですが、思いがけない言葉が待っていたのです。

「特に聞きたいのは、司会の長谷川さんの意見です」

大きな声で喧嘩腰の言い方です。周りの参加者もシーンとなりました。
エーッ、何で司会に聞くの、公務員の私に。それって掟破りじゃないの。内心ムッとしましたが、立場上黙っているわけにはいきません。

今回のテーマに関連づけてこんな内容を返しました。

棚田の持続可能性についてですね。地域の農家は高齢化し維持できなくなっています。棚田に価値を見いだす内外の人たちと今後も広くつながりながら関係性を大切にし、等身大の取り組みをしていくことではないでしょうか」

聞いた後の彼の言葉は強烈でした。大きな声で・・・「違うな!」

私は・・・絶句。公の場で正面から全否定された記憶が無い(記録ではない)ので、どう対処すべきか1~2秒間高速回転で考え、出した結論は、これ以上彼を刺激しないこと

満足いく回答ができなかったことを素直に詫びました。公務員の性(さが)として「ことを荒立てない」を第一に考えた次第。

他の出演者も意見を述べましたが、彼の反応はなく、腕を組んだままでした。
最後に、参加者全員を前に私はこんな言葉で締めくくりました。

「今日、映画上映に集まった皆様は、”つながる意志”を持った方たちです。このご縁を大切にしていきましょう」(彼はあんな質問や態度からして”つながる意志”を持っていないだろう、当てこすりも含めて大きな声で言いました・・・イヤな自分ですネ)。

終了後、これまた思いがけない場面に遭遇します。
喧嘩を売った(と私や参加者は思っている)彼が歩み寄ってきて、「先ほどはすいませんでした」と謝るではありませんか。サプライズです。

よく見ると、顔が赤いので、同時開催している日本酒・ワインを飲んで勢いがついての発言かと、合点(ガッテン)しました。

なぜ彼が喧嘩腰の質問をしたのか。振り返って見ると私には心当たりがあります。
司会しながら言った言葉です。

「生産者は、英語ではプロデューサーという。文字通り日本語的な意味のプロデューサーになって地域のいろんな人と関わり仕掛けてほしい」
(関連記事:6.6.30「プロデューサーということば」

この言葉が彼を挑発したと私は思っています。後で聞いたのですが、彼は国内トップクラスの広告代理店出身者とのこと。

彼はプロのプロデューサーだったので、安易にプロデューサーという言葉を使ってほしくないと思ったのでしょう(推測です)。私を標的にしたい欲求が沸き起こったことは想像に難くありません。

よく考えれば、誰も質問せず、何事もなく予定調和で終わったであろう流れを変えてくれた彼に、本当は感謝しなければなりません。「緊張して考える」場面を提供してくれたからです。

翌日、さっそく彼から自己紹介のメールが届きました。彼も”つながる意志”を持っていたのです。
次に上田に来た時に会う約束をしましたが、今度は彼の思うサスティナビリティを聞き、議論するのが楽しみです。

それにしても、久しぶりに緊迫したネットワークに関する仕事でした。
まさしく、「熱闘ワーク」でした(笑)。
(関連記事:6.5.28「地産地消はネットワークで勝負!」)


※ 過去のブログ記事はマーケティング本形式の「農業の売れる仕組みづくり」
https://agri-marketing.jp/masayuki-hasegawa-book-summary/
をクリックしてお読みください。お待ちしています!:lol:

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加