このひと言・コーナー⑥『礼は禮である』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

あなたは、お礼を言いそびれたことがありませんか。
言いたかったのに、言うタイミングを失してそのまま。

私も忙しさにかまけて、お礼のメールや手紙を出していないことはたびたびです。恥ずかしいです。

そんな時に、旧漢字「禮」を思い出し、遅ればせながらお礼のアクションをとります。

私の勝手解釈ですが(辞書には出ていません)、「礼とは、かさをすこと」と思っています。示+豊で成り立っていますね。

忙しくて心にゆとりや豊かさを欠いている時、人は礼を失します。
時々、相手にお礼の言葉や行為を欠いていないか、そして心に豊かさを失っていないか、自己チェックをお勧めします。

さらに、礼は「人としての振る舞い」に関係する漢字でもあります。「礼儀正しい子に育てる」のは、子育てにおいて基本でしょう。

武道の中でも「礼に始まり礼に終わる」という言葉があり、「相手への思いやりや尊敬の念」「スポーツマンシップ」にも通じます。

昨今の、日大アメフト部騒動、省庁による大量の改ざんや政府のウソの答弁。企業もデータ改ざん、不正会計等、続々・・・。

何年か前にはあり得なかった光景が大人の世界では連日報道されています。恥ずかしいです。

そこでは、地位の高い人ほど醜い「人としての振る舞い」を露出しており、「心の豊かさ」とは真逆の「心の卑(いや)しさ」がむき出しになっています。

そんな劣悪な環境下ですが、ひるむことなく若者たちに恥ずかしくないよう、「礼=禮」を心に刻み、名もない人間が堂々と責任ある大人の行動をしていきましょう。

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加