サラダチキンが伝わらない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先日、取引先の海外企業の人に、日本で大流行りの「サラダチキン」について説明をしていたときのことです。なぜかその彼が納得いかない反応をするのです。

サラダチキンとはコンビニなどで売られている、蒸した鶏の胸肉。ハーブ味、ペッパー味、カレー味など、様々なフレーバーがあります。手軽に食べられ、高たんぱく低脂質なので、健康やフィットネスに気を遣う女性に大人気の商品です。食べたことある人も多いのではないでしょうか。最近はサラダフィッシュなるものも発売されています。

そんな説明をしたのに、その外国人は、「ちょっとそれは違う」と言います。なぜか話が噛合わないのです。

「いやいや、違うとかそういう議論を吹っかけているわけではなく、単に日本の食品トレンドを説明しているだけやのに・・・」と僕。

彼によると、「そんなものはどこの国にでもある」とのこと。「お前は何をいまさら言っているのだ」みたいなことも言ってきます。

そして彼は続けます。
「そもそも良介の英語も間違っている。サラダチキンではなく、チキンサラダというのが正しい。」

ん?チキンサラダ?

その言葉を聞いて、話が噛合っていない理由が分かりました。彼はサラダチキンではなく、チキンサラダとして解釈し、会話していたのでした。

チキン・サラダ」というと、チキンがのったサラダのことです。しかし日本のコンビニで売られているのは「サラダ・チキン」。

サラダ部分は売られていません!蒸したチキン単体です。サラダと一緒食べたら美味しいという意味合いで、サラダチキンと命名されているのです。あくまで主役はチキン!

しかし「サラダ・チキン」を買ってきて、家でサラダに盛り付けた瞬間に「チキン・サラダ」となります。外国人の彼は、その「チキン・サラダ」の方をイメージして、会話をしていたのでした。確かにややこしいし、そりゃ噛合わないわ・・・(お互い大笑)。

実は彼だけではありません。他の外国人と話していたときも、似たような誤解をする人が何人かいました。

しかし、どの人も、サラダチキンの本当の意味合いを知ると、興味深い!と態度が激変します。そしてその日本のトレンドをもっと詳しく教えてくれ、となります。

魅力がきちんと伝わっているか?

確かにこれは外国人相手だから生まれた誤解かもしれません。

しかしこのような食い違いは日本人同士でも見られます。製法や原材料やネーミングなど、話し手、売り手にとって当たり前になっていることが、お客さんにとってはそうではないことが良くあります。

言葉足らずであるために、商品の価値が伝わらず、下手したら、僕が体験したサラダチキン事件のように、完全に誤解されてしまいます。実際外国人の彼は、

・味も
・原材料も
・食べ方も

すべて異なるものをイメージしていました。これでは本来の魅力が伝わるはずもありませんよね。

お客さんのちょっとした誤解が、売上に大きな影響を及ぼすことがあります。我々、モノやサービスを販売しているものとして、僕たちは常にこのことを気をつけなければいけません。

‐ 田中良介

この記事を書いた人

田中良介
田中良介
アグリマーケティング株式会社 代表取締役

食品企業の販路拡大や6次産業化を支援。産地に軸足を置き、現場視点でのサポートが特徴。また6次化を推進する自治体への支援にも注力している。プロモーション漫画の制作や、記事・コンテンツ制作への評価も高い。
自らも一農業者として、6次産業化を地を這いつくばりながら進めた経験あり。
2015年 新潟市主催(日本食糧新聞社運営)の6次化大賞グランプリを受賞
2016年 中央サポートセンター(全国版)の6次産業化プランナー認定
2017年 日本食糧新聞社 特派員としての活動も開始
2017年 世界最大の食の見本市「ドイツ・アヌーガ」へプレスとして参加
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク