このひと言・コーナー⑦『憂鬱でなければ仕事じゃない』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

㈱幻冬舎社長・見城徹氏と㈱サイバーエージェント社長・藤田晋氏の共著本の題名です。
話題となった本なので、あなたも読んでいるでしょう。

見城氏は「朝起きると、必ず手帳を開く。そして憂鬱なことが3つ以上ないとかえって不安になる」「楽な仕事など大した成果は得られない。憂鬱こそが黄金を生む」といいます。

私もこの本を読んで、元気をもらいました。
朝、目覚めて、気分がすぐれないと(憂鬱だと)、「これは俺しかできないことなんだ、よし、まかせろ!」と思うようにしています。少しは楽になります。

毎日憂鬱な仕事に立ち向かうのは正直しんどいけれど、人生、大きな決断をする時、リスクをおかしてもやらざるを得ない時、ピンチに立った時など、この言葉が効くと思います。

私は、もう一つの言葉「やってみなければ幸運にも巡り会えない」とセットで紙に書いて眺めています(自己暗示です)。

何とか重圧に耐えられるように、自分で自分を励ますしかないですから!。結果はどうであれ、その行動をとれるかどうかでその後が決まると思います。

決断せず(先送りして)チャンスを逸した後悔は、ずーと尾を引きます。以後、やれなかった立派な理由を探し、自分を納得させることに時間を費やします

つまらない時間の使い方ですよね。気づきがなく成長しません。人に何といわれようと、「自分の人生の主人公は自分」です。

それにしても、「憂鬱」という漢字は難しくてとても書けません。見ているだけで見事に「憂鬱」になります(笑)。


※ 過去のブログ記事はマーケティング本形式の「農業の売れる仕組みづくり」
https://agri-marketing.jp/masayuki-hasegawa-book-summary/
をクリックしてお読みください。お待ちしています!:lol:

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加