『終った人』は終わらない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

先週、上映中の映画「終わった人」を一人でこっそり見ました。

定年後をどう生きるか」というテーマに心がざわついたからです。
まして、「夫婦はどう向き合っていくべきか」という切実な問題提起がなされている映画ならば、なおさらです(主人公の舘ひろしは、やっぱりカッコイイ、しょうがない・・涙)。

還暦を過ぎ、まだ残りの時間が半端ない身として、見終わって何を感じるか確かめたかったのです。結局、このブログで書くことは次のことです(あらすじは触れません)。

「終った人」を自覚することからその後は始まる、ということです。自分に貼られたレッテルがはがれると、見えてくるものがあります。

映画では、「東大卒・銀行員」という典型的なレッテルが定年ではがれると、年相応の欲求や忘れていたコミュニケーション能力を回復し、ぎこちないけど周りの人たちと新たな関係性を作っていきます。

そこでは、暇を自覚し、暇を中心に行動します。やることが無く、行動がやせ細ると、何かを求めてむやみに動き回るようになります。
最大の関心事は朝・昼・晩に何を食べるかであり、そこから人生が再び動き出します。
そこで、気になることがあります。

最近、全国平均寿命トップクラスの自治体住民の一人から、こんな話を聞きました・・・。長生きされている方が、家から出てこない。コミュニケートしない(できない)人が多くなっているとのこと(特に男性)。人それぞれでいいんじゃないと言ってしまえばそれまで。

「終わった人」は、やることが無い暇期のモラトリアムを経てコミュニケーション能力を回復し、新たな関係性構築に向け自分の足で動き出す(それしかない)。
一応、話はここで終わりにしたいのですが、何かスッキリしないのです。自分自身の境遇のせいでしょうか・・・。

「終った人」の思いはどうなのか、と問いたいのです。
思い通りいかなかったと自覚している場合は救われます。新たに思いを変えることでその後が変わってくるからです。そこから「終わった人」の始まりが訪れます。

思い通りいった人は「終わった人」と自覚できない。肩書や自分ブランドに終生しがみつく(人が周りに多い)。

「終わった人」は思いを変えていけばいい。思いを変えるには、いろいろ無駄と思うことをやってみること
軽やかに、時にバカ真面目に。そこには逆説だがこんな言葉が浮かぶ。

「終わった人」は終わらない

(関連記事:7.4.10「失敗って何だ?」


※ 過去のブログ記事はマーケティング本形式の「農業の売れる仕組みづくり」
https://agri-marketing.jp/masayuki-hasegawa-book-summary/
をクリックしてお読みください。お待ちしています!:lol:

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員。中小企業診断士。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加