「うえだ発酵四姉妹」③「トークショー本番編」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

本番の打合せは1時間前。あくまでアバウトに流れを確認するだけで、手順を詰め過ぎず自由度を残しておくのが私のやり方。モットーは「現場で短時間に集中して考える!」
なぜか。

観客の入り具合や客層、当日の天候や競合するイベント等の状況で対応が違ってくるからです。観客に一番響く言葉・やり方をぎりぎりまでその場で考えます。

当然、ぱらぱらの観客と満員の観客とでは物言いや目配せは違ってきます。会場や舞台の広さ、声の反響、観客席の配列などは重要で現場に行かないとわかりません。

往々にして見受けられるのは、お客がどう思うかとは関係なく、事前に言葉や手順を暗記し、つつがなく行えばいい、という姿勢です。

ミスマッチの雰囲気になっても気にせず、今日はお客の反応がいまいちだったなどと言っているのです(私は、地元で寄席を20年以上主宰し司会をしていますので、場数は踏んでいると思っています)。

四人とは、年齢順に長女、次女、三女、四女として主な想定質問事項のみ打合せ。四者の商品説明は私がつくり、あらかじめ入場者に配布しておく。

さらに、写真を撮る記録担当者が重要です。後で発信するのに、どういうシーンが効果的かわかっている人にお願いしたい。

今回は、いつも一緒に情報を共有し、美味しいお酒も飲んでいる素敵な女性の家庭料理研究家(王鷲美穂さん)に頼みました。壇上の四人は写真を撮る彼女を見て安心し落ち着くことも想定しての選択です。

さて、開始10分前。観客は想定以上の入り具合です。
昨日思いついた「観客の気持ちを幕開けに向け高める方法」を準備。

上田市をアピールするにはどうしても欠かせないもの。それは・・・NHK大河ドラマ「真田丸」のテーマ曲です。

観客は予告なく流れ始めた聞き覚えのあるこの曲に、否応なく胸が熱くなってきているようです(多分に私の思い込みでしょうが)。

そして、客席を見て急に変更したトークショーの幕開けのしかた。予定では、四人がテレビ「笑点」のように舞台に登場して着席し、私がそれぞれを紹介するスタイルでした。

しかし、四人を長女から一人ひとりコールして登場するスタイルに変えました。こんな感じでコールしました。

それでは、うえだ発酵四姉妹の登場です。拍手でお迎えください。
長女の原商店・甘酒製造責任者・原有紀さ~ん、オッと客席から掛け声がかかりました。贔屓筋(ひいきすじ)の応援団ですね。

次女の岡崎酒造・杜氏・岡崎美都里さ~ん、
三女の武田味噌醸造・みそソムリエ・市川絢子さ~ん、
四女の若林醸造・杜氏・若林真実さ~ん。

素敵な四人の女性の登場で、会場が一気に華やかな雰囲気に変わりました。司会の私は最後に壇上に上がりましたが、ここでもう一つ直前に変えたことがあります。

それは・・・着る予定だったはっぴをやめたことです。四人は仕事着としてはっぴを着てもらいましたが、私も着用すると五人になってしまい四人のユニットへの目線が分散しかねないと感じたからです。私はあくまで黒子役なので、スーツで参加することにしました。

話しのテーマは「発酵のある暮らしの魅力」です。
発酵との関係で、仕事(なぜ関わったのか)、家庭(食事・子育て)、健康(美容)、そして地域づくりなどで、悩んだことや発見したこと、嬉しかったことなど。

四人は私の質問にノーペーパーで応じました。商品の紹介でもペラペラ、さすがです。普段の実力がいかんなく発揮されました。
その中で、一つ紹介するのは、岡崎美都里さんのこんな話です・・・

私「杜氏としての仕事で心がけていることは何ですか」
美都里さん「日本酒造りでは、微生物・酵母が主役です。杜氏はいかに微生物にとって良いベット(環境)を用意できるか、ということを意識しています」

なるほど、会場の皆さんも納得でした。子を持つ母だからこその言葉とも思います(母だからこその酵母)。私のまとめは

発酵から学ぶことは、「微生物との共生、そして地域での共生」
「手仕事職人として守ることと変えていくことで持続」
「競い合いつつ、大きく組んで発信(上田産の酒米「山恵錦」―長野県の新品種を用いて、市内の酒蔵がそれぞれの酒を造る一大プロジェクトスタート)」

以上3回シリーズであなたに伝えましたが、「うえだ発酵四姉妹」のブランド名でふるさと納税返礼品にできないかなど、今後の展開を楽しく考えていきたいと思います。

最後に「発酵のまち上田」を掲げ地域づくりをリードしていく素敵な「うえだ発酵四姉妹」への応援をよろしくお願いいたします。

来年、ご好評につき再度、四姉妹のユニットによる発信イベントを企画します。
事前告知しますので、乞うご期待!(笑)。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加