プロの風景写真家と出会い、学んだこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

師走に入ってから、ご縁があり、プロの風景写真家と懇親する機会がありました。
私の人生にクロスすることが無かった業種の方です。

12歳年下の彼から聞く話は新鮮で、私は少年のように質問し、その都度感心しながら聞き入りました(=気持ちよく酔えました・・・笑)。

写真との出会いから始まり、撮影に関する興味深い話を聞きつつ、いくつか学んだことを記します。

私の「撮影場所はどう見つけるのか」の問いに対して、彼が言うには・・・
「一人で歩き回りますが、探すというよりは呼ばれて行く感じです。その場所が呼んでいるように思い、すぐに行ったことが何度もあります。」

では、自然の方から語りかけてくる、呼んでいるという感覚は、どこから生まれるのでしょうか。私は彼の次の言葉が関係しているように思います。

「カメラ機材を背負って20年以上歩き続けてきました。オーバーな表現かもしれませんが、仏教の修行に似ているようにも思うのです。その修行のおかげで、撮影現場に出会うことができるのではないかと」

そういえるのは、千日回峰行のような荒行ともいえる自然との過酷なやりとりをし、自らもその自然の一部として生きてきた自負があるからではないか。

別の言い方をすれば、自然に受け入れられ生きてきた自分だからこそ撮れる、という強い信念が無いと立ち向かえない仕事ともいえましょう。

そういう彼の瞳はキラキラ輝き、澄んでいました。そこに私は求道僧を見たのです。
普段、そういう方に滅多に出会わないので、思わずファンのように握手を求めました

(2人が飲んでいる楽しい写真がありますが、個人情報につき掲載は控えます。奥様の岡田康子さんがフェイスブックに掲載)。

もう一つ、話を聞いていて感じた言葉は「プロの写真家は料理人に似ている」。
彼は学生時代、あるきっかけで写真に出会い、日本海を毎日カメラ越しに見ていました。

私が、日本海は荒波と曇天というイメージがあり、モノクロの世界ですね、と突っ込むと彼はこう返しました。

「その日常の風景に、一条の光が差し込んだ瞬間、鮮やかな光の世界が現れるのです。非日常です。」

私の解釈では、料理人は日常の家庭料理と違う非日常のプロの料理をどうつくるのか。プロの技を磨き発想を豊かにして非日常の料理を生み出す修行をし、ようやく到達できる。

プロの写真家も似ている、ということではないか。修行の中から非日常の世界がもたらされるということ。

顧客は風景写真に「非日常世界を見たい」という欲求があります。その欲求を満たしてくれる写真家との出会いを求めています。

顧客と生産者(写真家)が同じ方向を向いているのが、顧客志向のマーケティングです。
違った言い方をすれば、自分と同じ方向を求めている顧客を見つけ出すことがプロの写真家としてやっていくには不可欠でしょう。

色々な場所で展示し、写真と顧客とが出会える場面を多く作ることが欠かせません。
そして、自分はこういう思いで写真を撮ってきたと多くの方に話しコミュニケートすることも、顧客を広げることにつながります。

話すのはそんなに得意じゃない、という彼に私が提案したのは・・・「私が質問して彼が答える形でのトークショー」です。

これなら負担は軽くなります。名マネージャー役の奥様にも納得してもらえると思いますが・・・。

ちなみに、この懇親の席で私が持ち込んだワインの代わりにいただいた来年のカレンダー「小さな幸せ」は、たまたま出会った県のトップ(知事)に素晴らしい写真家のものとして紹介し渡しました。つなげるのが私の役目です。

そして、そのカレンダーの中で一番気に入った「赤富士と霧氷」という写真を額縁入りで購入し、我家の新年を飾ることになりました。ありがとうございます。

最後に、この風景写真家をこっそりあなたに紹介しましょう。

岡田光司(みつし)さん、風景写真家、上田市在住(実績はウィキペディアをご覧ください)。カレンダーはアマゾン等で購入できます。

今年最後のブログは、今回の素晴らしい富士の山をゲットした話で終わります。
みなさん、よいお年をお迎えください。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加