「小さな大巨人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

1月のある出来事が私の心の中で発酵してきましたので、今回記します。

私は地元小学校の歴代PTA正副会長会の会長を現在務めていますが、 昨年聴き感動したジャズの演奏を全校生徒に聞いてもらう機会を持つことができました。

ダメもとでミュージシャンに接触。ご本人には一度しか会っておらず、何回か熱意をもっ てメールのやり取りをしたところ、思いがけずOKをもらいました。 費用は私たち夫婦が持つということで、PTA正副会長会や学校側の了解を得てスムーズに実現したのです。

来ていただいたのは、日本を代表するサックス奏者と、コンビを組むピアニストのお二人です。 前泊していただき、色々なお話をお聴きし大きな学びがありました。特に、「70歳を過ぎた今でも修行中」とのことばは、これからの私の大きな目標となりました。

翌日は「夢の演奏会~サックス&ピアノの響きを心で感じる!~」と題して1年生から6年生、 先生方を含めて350人ほどで聴きました。 45分間、演奏曲目はアンコールも含めて全6曲の大熱演でした。

生徒達は、見たことのない演奏にあっけにとられたり、ジーッと見入ったりでしたが、全体としてこの時を逃すまいという真剣な態度が読み取れました。迫力を魂で受け止めたという感じです。生徒はそれぞれ時間をかけて解釈していけばいいと思います。それが成長です。

生徒の感想文をもらいましたが、なかでも私が印象深かったのは、”A Good For Nothing (役立たず)”という曲です。独特の曲で、歌詞・曲・テンポなど、小学生にわかるかと思いましたが、奏者が演奏後に生徒に語ったことばが、時間を経て私の心によみがえってきたのです。 たしか、こんなシーンだったと記憶しています・・・

「みんなの中で、零点をとったことがある人はいますか」
素直に会場から何人かがハーイと手を挙げました。

「では、100点取ったことのある人は手を挙げて」
何人かの生徒が無言で手を挙げます。

「いいですか、100点の人は、零点をとった人に感謝しなければいけません。 みんなが100点なら嬉しくもないし、やる気も出ないでしょう。零点の人がいるから、 ヤッター、嬉しいと思えるんです。だから100点の人は零点の人に感謝しなければいけません」

「零点の人も、俺は役立っていると思えばいい、そういうものです。役立たずとして、 役に立っているんです」

感想文で、この「役たたず」という曲が良かったという生徒が多かったことは、奏者の 「人間は生きているだけで価値がある」という人生における大きなメッセージ(私の解釈ですが)を小学生なりに直感的に受け止めたのではないかと私は思うのです。

そして、この演奏会は先生方にも大きな感動をもたらしたと確信します。なぜそういえるのか。それは・・・

先生方からサプライズ的な行動があったからです。 演奏会の翌日、ある先生が少ないですがといって、先生方から集まったカンパを代表して私に届けてくれました。

名もない私たち夫婦が全額費用負担したことを感じてくれたのでしょうか。 思いがけないことであり、目頭が熱くなりました。こちらこそ先生方に感謝です。

生徒達や先生方と一緒に聴き、大きな感動と素晴らしい体験を得た私たち夫婦ですが、元音楽教師だった妻がひとこと私につぶやきました。

「坂田明さんは小さな大巨人だね。」

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加