「子供をさがす」(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

令和元年スタートの10連休、あなたはどんな過ごし方をされたのでしょうか。
私は、2日間を読書の日とし、ゆっくり読み返したい本として手にしたのは、民俗学者の宮本常一著「忘れられた日本人」(岩波文庫)です。

改めて版を見ると、1984年第1刷から読みつながれ2007年で54刷。23年間で53回の増刷は間違いなく名著で、あなたも1回は読んでいるでしょう。 再度読んだ中で、たった5ページの「子供をさがす」という小品(1960年)が心に引っかかりました。
簡単なあらすじを記します。

テレビを買ってくれとせがむ1年生の男の子を母が叱り、子供は外に出て行って夕飯になっても帰ってこず、警防団他に探してもらっても見つからない。父親が帰ってきてようやく、家の表の間の戸袋からひょっこり出てきた。少し心配させてやろうと隠れていたが、騒ぎが大きくなり出られなくなったのだろう。

探しに行ってくれた村人にお礼をいいつつ驚いたのは、それぞれが勝手に山畑の小屋、池や川のほとり、子供の友達の家他、子供の行きそうなところを探してくれたことである。 これは、村の放送を聞いて村人が個人的に探しに行ったのだが、あとで振り返ると実に計画的な捜査がなされている。 ということは、村人が子供の家の事情や暮らし方を知り尽くしていて、目に見えない意志のもとで統一的に動いていたということ。村落共同体がそこにある。
・・・話しはここから本題に入る(と思う)・・・
ところが、村人が必死に探し回っている最中、道にたむろして、子のいなくなったこと等の噂話 に熱中する人たちがいた。子供の家の批評をしたり、もう死んでしまったのでは、などと言っている。村人ではあるが、近頃よそから来てこの土地に住みついた人たちである。日頃の交際は古くからの村人となんのこだわりもなくおこなわれている。
しかし、こういう時は捜査に加わろうともしないし、全くの他人ごと。ある意味で村の意志以外の人々で、村人にとっては役に立たない人々である。

さて、そのとき若い男がひとり、探しに行ったきり戻ってこない。あいつのことだからどこかへ飲みにいったのかもと噂する者もいた。 ようやく戻ってきて、「こいつ、よくも俺をだましたな」と子どもを追いかけまわしている。 彼はのんべえで、子供をいつも怒鳴りつけていたが、子供に人気があった。かれは子供がいなくなったと聞いて、子供の一番仲の良い友達のいる山寺まで探しに行ったのである。 そこは一番さびしく不便な山のなかであった。

あなたは、このショートストーリーを読んで何を思いますか。 色々な感想があると思いますが、私がふと思ったことを次回に記します。

そこでのキーワードは、「地域における子供の存在」と「多様性」。 

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加