チームからソロへ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

私のブログに何度か登場する「うえだ発酵四姉妹」プロデュースの発酵弁当「艶御膳」(2019,5,18.5,31.)。最近、新たな展開が・・・。

この発酵弁当は、上田市内のおうち料理研究家・王鷲美穂さんが四姉妹の日本酒・酒粕・甘酒・味噌等を用いて地産地消の魅力をアピールした限定品。9つの小枠に季節ごとの旬菜を取入れてメニュー化。

その中から、食した皆様から好評の右下隅のメニューを単品で商品化することになりそう。題して「濃厚酒粕レモンケーキ」。材料は、牛乳・卵・小麦粉、そして酒粕。

食べた方々からは、「チーズケーキみたい」「もっちりして、美味しい」等の声が寄せられ、テスト的にイベントなどで作ってもらい反応を見ていますが、上々です。

歌手に例えれば、艶御膳メンバー9人のチーム活動から、ソロへという感じ。
または、統一ブランド「艶御膳」から個別ブランド「濃厚酒粕レモンケーキ」が生み出された、ともいえるでしょう。

この展開は、自称マーケターの私も当初は考えていませんでした。

ただ、顧客の食した反応を丁寧に聞きつつニーズがあるかどうか探っていく中で、酒粕とレモンがマッチし、チーズ風味の発酵ケーキは単独でも支持されると思いました。

王鷲さんに商品化をささやき(あくまで彼女の思いが一番なので)、保存性をテストしつつ取組んでいますが、行けるという感触があります。

販路をどうするか他、これからの取組みですが、周りの方たちを巻き込んで進めていきます。

それと、9品のなかで、もう一つソロデビューしてほしいメニューがあります。

私は、今までにないコンセプトの商品になるとの思いがあり、料理研究家の王鷲さんに相談しつつ、密かにテストしようと思っています。

今後、嬉しい報告ができれば・・・。

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加