「信州上田・発酵の女学校」開校!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

諸般の事情で、しばらくブログを更新せず失礼しました。
12月に入り、私の周りで大きな変化があったことを記します。

この度、私のブログでおなじみの「うえだ発酵四姉妹」を発展的に解消することになりました。
残念ではあります。上田市内の女性造り手4名(杜氏2名、甘酒製造責任者1名、味噌ソムリエ1名)のユニット。

昨年11月に結成し、県や他自治体のイベントにも招かれトークショーで「発酵の魅力」をアピールし、大きな注目を集めてきました。それなりに期待も大きかったのですが。

それぞれの家業の合間をぬっての対応なので、やはり限界があります。

ここにきて、四姉妹の一人から脱退の申し出を受け、皆で話し合った結果、「四人で組んで上田市の発酵の魅力をアピールすることに意味がある」ので、ここは潔く解散しようとなったのです。

生みの親の私としては寂しい限りです。トホホ・・・(泣)。そんな、意気消沈していたところに、思わぬ話が・・・。

前から地元の女子大生10人ほどから四姉妹に「発酵の基礎を教えてほしい」との話があり、検討し進める手はずになりました。そんな時に四姉妹が解散!となったのです。

しかし、間髪入れず関係者から次の提案がありました。
今後、「信州上田・発酵の学校」の実現に向け考えてみたらどうか

ならば渡りに船と、教える予定の女性4人は、急きょ女子大生10人に講義するスタートの12月3日に、「信州上田・発酵の女学校」として開校式を兼ねて行おうと即決しました。はやっ!

余りのスピードに、周り(特に男性たち)はおろおろ。
そして、当日の開校日にはマスコミの取材が入り、その模様が地元紙の一面に掲載されました。見出しは

「信州上田・発酵の女学校」開校 講師は発酵食品の女性スペシャリスト」「発酵食品は母体を健康にする」 

というインパクトのある表現が踊ります。フェイスブックでも拡散し、大きな反響がありました。

女学校の校長(発酵プロフェッショナル)・講師は四姉妹関係者(杜氏、味噌ソムリエ、料理研究家他)で担い、私も教頭として参画しバックアップします。

今後、酒蔵見学や味噌づくり体験、料理実習等をおこなう予定。
まずは生徒を女子大生に限ったのは・・・

校長が挨拶で語った「出産・育児など女性にしかできないことがあるが、発酵食品は母体を健康にする。早いうちから取り入れてもらいたい」という思いに込められています。

女学校のHPもいち早く立ち上げました。是非、クリックしてみて下さい!
https://u-brand.jp/fermentation-womans-school/

発酵は「時間をかけ価値を生み出す」ものですが、地域での発信は「スピーディーに行う」のがグッドですね!

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加