大晦日は「発酵スムージー」で締めくくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2019年の大晦日を迎えました。
ブログは2016年4月からスタートし、4年目の今回で176回目。

今年は30回発信。1カ月当たり2.4回と速度が低下気味ですね(泣)。
その中で、テーマとしては「発酵関係」が多かったように思います。

来年1月早々、「発酵関係」で色々な外部との関わりがあり、面白いスタートとなりそうです。

そこで、この流れを来年につなげるため、私が作って飲んでいる「発酵スムージー」を今夜も飲み、清めます。

材料は、基本が甘酒とリンゴとバナナ。そこに、小松菜やキャベツを入れ、ミキサーで混ぜて出来上がり。飲む時に、少々塩糀を入れ、味にパンチを効かせます。

飲む機会の多いお正月。皆様くれぐれもご自愛ください。
私は、大晦日の夜、大好きな格闘技を見つつ、気楽にワインを傾けます!
もちろん、妻・娘とは違う部屋のテレビで・・・(笑)

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加