「ノウハウ」より「ノウフ―」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

携帯を生活や仕事で使う場面が増えました。

しかし、正直、私は苦手です。特にSNSは自ら発信することはほとんどやれません。相手の情報に書き込むことくらい。

しかし、私が関わる2か月後のイベントを自らフェイスブックで情報発信する必要に迫られています。

出来ないながら、色々携帯をいじくっていて、どうにもヤバイ事態に陥りました。
画面を見る限り、携帯に保存している情報が外部からのアクセスで流出してしまうのではないかと不安にかられたのです。

さて、どうしたものか。周りで相談にのってくれそうな人は思い浮かびません。妻も子供もフェイスブックはやらないので無理。

家電を買ったりして付き合っている町の電気屋さんは、正直忙しがっていて、このあいだ嫌な顔をされたことから、相談したくはありません。

半日ほど、ヤバイなと久しぶりに不安な時間を過ごし、トイレに行って沈思黙考。
“アッ、彼女に相談してみよう!”

即、携帯で相談にのってもらえるか恐る恐るメールする。数分後に返信があり、解るかは、携帯を見てからとの嬉しい文字が並び、彼女が営む店に即行。

何のことはない一人苦労だったとわかり、一安心。情報発信についても、継続的に相談にのってもらうことに。

彼女の顔を思い出したのは、フェイスブックで頻繁に発信していることもさることながら、ある時、「私はブロガーだったのよ」と語ったことが耳に残っていたからです。だったら、詳しいはず。

普段、お酒を美味しく飲む仲間であり、豪快な性格なので、教えてもらえるのではと思った次第。

改めて、自分はそのことを知らないし知るには膨大な時間がかかる、苦手ならもうダメ。けれど、「そのことに詳しい人」を知っていれば問題を解決できる。

know how」より「 know who

それには、普段の顔を合わせてのお付き合い、コミュニケーションが大変重要です。

しばらく、妻にはこの言い訳でお酒のお付き合いを許してもらえるかどうか、トライしてみようと思います。さてうまくいくか・・・  

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加