不安なときにも春は来る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

4月2日、上田城の枝垂桜は満開です。
先月、東京でも映像では桜が満開でしたが、外出自粛で観る人は限られていましたね。

ここ上田も、例年より早い開花ですが、例年の上田城千本桜祭りは中止され、週末の人混みは限られるでしょう。

しかし、新型コロナウイルスも、桜に感染することはありません。

ならば、私たち人間は不安で心がふさぎがちな今こそ、自然がプレゼントしてくれた命みなぎるピンクの桜からエネルギーをもらいましょう。

ご先祖様がしてきたように、知恵を出し合い助け合い、時に部屋に桜の切花を活けて、つぼみから花へ開花する時間を楽しみます。

そう花瓶にたたずむピンクの可憐な花びらの前で、「自粛」ではなく「自祝」の盃を傾けつつ、こんな豊かさがあることに気付くのです。

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加