コロナ状況下、好調な直売所に聞く(上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

コロナ禍は、市内直売所にどんな影響を及ぼしているのか。
今年3月~5月(3ヶ月間)の売上高を9直売所に聞いた。

かなりはっきりした傾向が読み取れる。
総じて好調なのは、店舗内にあるインショップ型の直売所だ(下図A,C)。

それに比べて、観光客購買のウェートが高い直売所(下図B,D,E)は、観光客激減の影響をもろに受け苦戦

そんな中、地域に支持されている市内では中規模の単独型直売所(下図F)が好調である。

売上高昨年比率アップが顕著(130%)のF直売所を訪ね、昨年から関わっているというNアドバイザーに話をお聞きした。

【Nアドバイザーという方】
Nさんは、地元スーパーに永らく勤務したベテラン

退職後は、生産者としてこの直売所にブルーベリー等を出しており、それなりに売り上げていた。お歳はなんと80歳。

直売所役員に頼まれて、現状を打破する目的で関わったとのこと。
話していて、実直で熱い方だ。
彼が直売所に来てみて、まず感じたことは・・・

「お客様は午前中はいっぱいいるが、午後はガラガラ。品物が空っぽなのはいたたまれない
「地区外からも仕入れてもらい、夕方まで品物がある状況を作りたい」
「半分くらい、スーパー的な要素を取り入れてほしい」と直言!

【仕入れについて】
この地域にあるものは、地域内消費量に限度があるし、生産者も午後補充は厳しい面がある。
この地に無いものを仕入れて欲しいと要望。

そこで、この直売所役員(女性)の人脈が活きる。
県農村生活マイスター協会会長だった時のつながりで、次々に他地域の直売所からの仕入れが実現

木曽のほう葉巻き、山形村や松代産のナガイモなどを仕入れ販売。
また、地域内の仲卸からもまとまった量のミカン等を仕入れ顧客に提供。ともに好評を博す。

【売上アップを図る基本的な考え方と対応】
Nアドバイザーの話をお聞きし、私が思った直売所好調の要因は5つ。

①直売所は薄利多売
②顧客との対話重視
③自信を持って商品を売る
④目標は必達を期す
⑤スーパーに無い賑やかさを演出

この解説は次回に・・・

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加