アジアNO1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

上田市で初めてのワイナリーは、シャトー・メルシャンの「椀子ワイナリー」である。

2003年にブドウ畑(椀子ヴィンヤード)が開園し、昨年9月に29haほどの畑の中心に念願のワイナリーがオープンした。
そして、まだ1年も経っていないというのに、驚きの情報がもたらされた・・・

【驚きの情報】
7月13日に世界最高のブドウ畑を選ぶ「ワールズ・ベスト・ヴィンヤード・アワーズ2020」のトップ50が発表され、ナナント「椀子ヴィンヤード」が30位に入ったのだ

日本のワイン産地がトップ50に選ばれたのは初で、アジアからはインドの1軒とメルシャンの計2軒が選ばれたが、メルシャンがベストヴィンヤードともなった。

所在地の上田市として、また千曲川ワインバレーとして、さらに信州ワインバレーとしても快挙である。

ワイン造りの歴史が浅く、世界的な知名度も高くない日本のワイナリーがランクインしたのは、世界を旅して回るワイン専門家が日本をワイン産地として認めたということだ。

【なぜ選ばれたのか】
椀子ワイナリーから眺めるブドウ畑は、360度見渡せ、景色は素晴らしい。しかし、このヴィンヤードはワイナリーがオープンして間もないし、なぜそこまで評価されたのか。

報道記事によると、当ヴィンヤードを牽引してきたチーフ・ワインメーカー安蔵光弘さんは「景色がよく、ワインメーカーが畑まで案内する丁寧さが評価されたのかもしれない」と語る。

安蔵さんは昨年、イギリスやアメリカの専門家たちを案内したが、海外にもその魅力が伝わったのだろう、と記事は書いている。

世界的な影響力のある海外の専門家たちを納得させた「その魅力」とは何か
安蔵さんは、フランスのボルドー大学ワイン醸造学部に学び、経験も知識も豊富。

それも貢献しているだろうが、さらに何かあるはずと私の胸のモヤモヤは晴れない。
安蔵さんに何を話されたかと聞くことなどとてもできない。

ならば、今までに何回かお会いしたことがあるので、何かしらの手がかりを思い出せないかと、しばし沈思黙考。

すると、3年前に千曲川ワインバレー連絡協議会(近隣の市町村で構成)のイベントで安蔵さんに講演してもらったことがあった。私がお願いしたので覚えていたのだ。

たしか当時のUSBメモリに記録したレジメが残っていると思うのだが、探していくと・・・あった!

【私が気になった安蔵さんのことば】
「千曲川ワインバレーの可能性とこれからの戦略」と題するレジメを読んでいくと、ある文章に出会った。

海外のワイン産地について」の説明で、新興産地の共通ポイントをあげている。

・最初に桁外れのことを始める人がいる(直感、無謀、挑戦)
・最適と思われる品種に絞る
・高品質のワインを数カ所のワイナリーがつくり、海外のメディアが驚く
・第二世代が参入し、産地の層が厚くなり、世界的に認知される

そして、「海外のワイン産地は努力をしている」と述べる。
「天候と土壌に恵まれているから、良いワインができる」というほど単純ではないと。

人がヴィンヤードに積極的に関わり、世代をつなげてこそ、高い価値を生み出すということ。

【メルシャンに流れる思想】
そこで、私はおもむろに本棚からある本を取り出し、読み返してみた。
麻井宇介著「比較ワイン文化考」。
シャトー・メルシャンの工場長、理事であり「現代日本ワインの父」といわれた方だ。

この本は、私の勝手な解釈ではこんな内容を含んでいると思う。

「ワインの銘醸地とは、はじめから銘醸地ではない。作り手が自然に働きかけ、飲み手が評価するという、人がつくりあげていくものだ。」

今回の、椀子ヴィンヤードが世界30位にランクされたのは、唐突ではない、と私は思う。

麻井さん、そして安蔵さんに代表されるシャトーメルシャンの方たちに通底する「ヴィンヤードに対する思想」があるからだ。

これこそ、海外の専門家が納得した「源泉」と私には思えてならない。

ワインの銘醸地とは、はじめから銘醸地ではない。人がつくりあげていくもの

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加