貸切!棚田キャンプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

上田市内にある「稲倉の棚田」での贅沢なキャンプを紹介しよう!
日本の棚田百選にも選ばれているこの地。

棚田を持続するために、今まで取り組んでいる「オーナー制度」。

都会の人にお米作り体験と収穫米を食べてもらうコースと、栽培した酒米で造った日本酒を提供するコースが大好評。

素晴らしい見晴らしで、参加者の皆さん(家族や友人たち)は大満足。
棚田保全委員会の地元民とオーナー参加する都会人の交流で、環境保全活動を持続している。

ほかに、軽トラックオープンカーに乗っての棚田ガイド(現在休止)や、ほたる火まつり等を行っている。

が、通年で出来ることを思案した結果、7月からスタートした新たな取り組みが・・・
貸切!棚田キャンプ」。

このキャンプは、1泊1組限定の貸切で、通年実施。セールスポイントは

①1組(10名程度)、10,000円/泊。
②雨よけや日陰にも使える東屋と、平らでゴツゴツしないウッドデッキ付き。

③近くにある農村交流館は水道があり、水洗トイレ(男女別+バリアフリー)もきれい。
④車は3台まで乗り入れ可能。
⑤ペット同伴可

この絶景を独り占めできる圧倒的なぜいたく。澄んだ空気を思う存分吸って、体内の37兆個の細胞に送り届ける(笑)。1万円は安い!

家族の絆を深め、友人たちと楽しい時間を過ごし、時に愛らしいペットとのキャンプは、至極のひとときであろう。

保全委員会の地元民は、コロナの時代、価値あるこの場を皆さんに開放している!
そのこころは・・・

疎(そ)は、そのままで



この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加