棚田は多様な「舞台」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

それにしても、私のブログにたびたび登場する上田市内の「稲倉の棚田」は、「多様な舞台」だ!

棚田保全委員会と新たに発足したNPO法人が連携して、稲作り等に加えて観光アクティビティ(体験・遊び)にも取り組んでいる。

・オープン軽トラックで棚田を巡る「棚田アドベンチャーガイド」
・ドローンで鳥のように棚田を眺める「イーグルフライトアドベンチャー」
・棚田が織りなす絶景の中、キャンプを楽しむ「棚田CAMP」

など、1年を通じてメニューを開発し、試みている(中止のものあり)。

今回の「ししおどし」祭では、眼下に上田地域を見下ろす棚田の中のイベント適地が吹奏楽団の舞台となった。

取り巻く森や畑や川等によるアンジュレーション(地表の起伏)が醸し出す音の響きは、ここにしかない希少価値を持つ。

コロナで満足な練習が出来ない楽団員にとって、こんな自然の中で演奏出来ることは望外の喜びであった。

曲目「風になりたい」では、重なり合う楽器の音も風と戯れ嬉しそうだった。

オカリナの演奏では、絶景を背景に、単色の音色がこだましてのびやかだった。

聴く方も、夏の山裾の風や陽の光を感じ、奏でる音色と景色を併せて味わえるぜいたくなひととき。

コロナの時代は、「自然」が舞台だ
棚田で軽トラが走りまわり、ドローが飛び、キャンプで会話が弾ける。音楽や演劇もいい。

都市から田舎の自然空間への舞台シフト。
自然環境を破壊し、ウイルスの住みかを奪い迫害してきた人間が、その舞台に立ち何に気づくのか、試されている。

もちろん、「舞台に立つのは、私であり、あなた」である!

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加