今こそ、農業経営塾!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【コロナ禍の今、夜間の農業経営塾がスタート】
先週から、飯山市主催の農業経営塾がスタートした。

19時~21時の夜間で、塾長はご縁でメイン講師の私。
自ら行動するための”塾であり、塾生のやる気が全て。

全6回、うち2回は農業者他の外部講師の話を聞き、ディスカッション。
最後は事業計画を作り発表し、行動宣言をする。

暑い夜が続き、かといえば大雨落雷。はたして、塾生は集まるのか?
ゼロならどうしよう。

と心配したが、市役所職員の尽力もあり初回は20人以上が集まり何とかスタートを切れた。今後、何人残るかわからないが、最後までやりとげたい。

多分、この時期、日本で夜間の農業経営塾をやっているのは滅多に無いのではないか・・・(ひたむきに、ふるさとへの愛と自らの誇りを持って取り組むのみ)

 【フェイスシールドは初体験】
飛沫感染防止のため、フェイスシールドを着用して話す。慣れるのに少し時間がかかったが、やむをえまい。

過去、講演や授業は何度となくやってきたが、この姿でやるとは昨年までは全く想像だにしなかった。

密を避けるため席をあけ、こまめに休憩時間を取って空気を入れ替え、何とか終了。 やはり、リモートではなく、マスク越しでも実際に会って話をするのが一番と感じた次第。

【コロナ禍で食事が変化】
コロナの時代、飲食店での食事が激減し、自宅での家飲みや食事が増加。

さらに、“巣ごもり消費”というEコマース(電子商取引)などのネットでのショッピングやゲーム・動画・映画等を楽しむ新たなトレンドが注目されている。

大きな変化の時代にあって、「消費者志向の生産者ほど業績が良い」というデータによる事実を認識し、しっかりと若い生産者たちが食と農をつなげて欲しい。

生産者が身に付けるべき「消費者の食べたいものを作る」というマーケティング志向は、消費者の「モノからコトへ」の価値観の変化を理解することだ。

コロナ禍で食事のシーンが大きく変わり、流通も変化している。

改めて生産者は、食物(モノ)よりも食事(コト)に関心を持たねばならない!

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加